« イスクラ中医学高円寺研修塾同窓会に行ってきました。 | トップページ | お葉書頂きました。 »

2008.03.24

カンジダ膣炎とおりものの漢方対策

今日2回目の更新ですが、ちょうどカンジダ膣炎のお客様が来店されるので、
それに合わせて知り合いの中医学講師の先生から、電話で教えてもらいました。

それをまとめます。


カンジダ膣炎

症状:痒み、おりものが多い

おりものが白い→チャガなど追加

おりものが黄色い→湿熱(しつねつ) 基本処方に潟火利湿顆粒も使える。


カンジダの病機→湿熱(しつねつ)+淤血(おけつ) (痰湿もある)

処方は、清熱解毒(せいねつげどく)+活血化淤(かっけつかお)

中医の処方は、丹参、紅花、地黄、苦参、黄ごん、黄柏、金銀花、ヨクイニンなど。


○カンジダ膣炎→清熱解毒(五つのお華または白いお華)+活血化淤


○子宮頚管細胞異変→陽性反応が陰性反応になった体験。

4A→1Aに。


○衛益顆粒もOK

○紅沙棘OK

じわじわと3ヵ月後から。


活血化淤の分類


○全身の症状→肩こり、足の冷え、生理不順があれば、丹参製剤。

○血塊があれば、血府逐淤丸。

○若くてあまり症状がない人→弓帰調血飲第一加減。

○爽月宝は、シベリア霊芝と相性が良い。


カンジダの生活の養生法


×酒 →湿熱(しつねつ)が強くなる。

○早めに寝ること

×夜更かし→ホルモンバランスが崩れて症状が悪化する。

×ジーンズ 

○通気性の良いものを履く。

080322_151913

<3月23日 表参道ヒルズの前>

|

« イスクラ中医学高円寺研修塾同窓会に行ってきました。 | トップページ | お葉書頂きました。 »

カンジダ膣炎|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンジダ膣炎とおりものの漢方対策:

« イスクラ中医学高円寺研修塾同窓会に行ってきました。 | トップページ | お葉書頂きました。 »