« ヒマラヤユキノシタと馬酔木(あせび) | トップページ | 白木蓮と月山 »

2008.04.14

第二子不妊(セカンド不妊)とPCOSの方の嬉しいご報告

ご本人様の了解を得まして、頂いたメールを紹介させて頂きます。

2008年4月8日「3月の嬉しいお話です」の(6)で紹介したお客様I様です。

偶然ですが、そのI様を紹介したお友達のかたG様も、2人目が欲しいときに悩んでいて、隣県より当店に来店され、2週間でご懐妊、そしてご出産となられています。

I様には、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の漢方相談をさせて頂きました。


3月11日にお世話になりました。

その節はお世話になりました!


あの日から、処方していただいた漢方薬を飲み続けた結果、
本日病院にて妊娠が確認されました!

こんなに早く結果が現れるとは、自分でも正直驚いております。

漢方薬は、じわじわと効いてくると思っていましたので、
このような結果に未だに自分自身が驚いているところです。


ご存知のように私は超肥満体型ですので、
今後は体重管理に十二分に気をつけたいと思っております。

まずは取り急ぎご報告をさせて頂きました。
本当にありがとうございました!!

安定期に入るまで、ゆったり過ごしたいと思っております!



Iさまは、35歳です。

2人目を希望されています。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)でネックレスサインが卵巣に認められます。

右の卵巣は、20歳のときから2cmの卵巣嚢腫があり、
大きくなっているそうです。

昨年の10月からは、タイミング療法で、
クロミッド、HMG、HCGを使っています。


便は普通です。便秘はしません。

朝は6時半に起きています。

朝は食パン1枚とコーヒー。

(「PCOSとパン」も参考にしてください)

お昼はお茶漬け。

夕飯は18時半。

22時半~23時には寝ます。

寝つきが悪いタイプです。

夜中にはトイレに1度起きます。朝方にも1度起きます。

足は冷えやすいです。


舌ベロは、尖紅(せんこう)で、舌全体は暗。

苔は、白苔です。とくに奥の苔が厚いです。



Iさまの漢方相談の要点は、


1)PCOSであること。

→淤血(おけつ)と痰湿(たんしつ)があることが分かる。


2)肥満であること。

→中医学では、肥満は痰湿(たんしつ)タイプに多く見られます。


3)舌の尖に赤みがあり、また舌の苔がかなり厚めであること。

→心熱(しんねつ)というストレスがあること。

また痰湿(たんしつ)の邪気がかなりあることが分かります。


4)卵巣嚢腫があること。

→淤血(おけつ)と痰湿(たんしつ)があること。

以上の観点から、漢方薬は2種類で「Iさまスペシャル」の攻撃するタイプの漢方を選びました。

それぞれ卵巣嚢腫にも、2人目を目指すにも、また解毒効果も兼ね、ダイエットにも役立つ「一石三鳥」「一石四鳥」クラスの組み合わせでした。

一つの漢方は、淤血(おけつ)を解消して、気鬱(きうつ)のストレスと痰湿(たんしつ)の浮腫みにも効果がある処方。

もう一つの漢方は、Iさまは冷え性体質でしたが、あえて解毒効果を前面に出すために、清熱涼血活血(せいねつりょうけつかっけつ)で、体の毒出しを優先しました。

果敢な漢方薬が功を奏して、短期間での良い結果につながったと思っております。

どうもおめでとうございました!

今後ともお体大事にして過ごしていって頂きたいです。


Imgp4367080406

<2008年4月6日 津軽 「私の好きな岩木山」>

Imgp4387080406

<八甲田に日が沈む>


2008年4月20日追伸です。


ご連絡が遅れて申し訳ございません!

実はあの後、少々出血をしてしまい、入院しておりました。でも、無事に出血も治まり、本日退院してまいりました!

そして、今日、本当に今日発覚したのですが・・・なんとお腹の赤ちゃんは双子でした!!

今は嬉しい気持ちと、どこか人事のような感じです。

二人の元気な姿と心拍も確認できました^o^

これからは、ますます用心しながら、元気な双子を産みたいと思っております!!

本当にありがとうございました!


双子ちゃんとのことで、当店もそのお手伝いになったと思いますと感無量です。

|

« ヒマラヤユキノシタと馬酔木(あせび) | トップページ | 白木蓮と月山 »

2人目不妊、第二子不妊|漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二子不妊(セカンド不妊)とPCOSの方の嬉しいご報告:

« ヒマラヤユキノシタと馬酔木(あせび) | トップページ | 白木蓮と月山 »