« 15年前の体外受精の話 | トップページ | お友達の紹介 »

2008.05.13

不妊症の漢方。2度の流産反復流産を防止する話と卵巣嚢腫の話

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

土屋薬局の創業記念セールをしているせいか、最近店頭は活気があります。

昨日も新しいお客様たちが来店されて、2人目不妊のご相談や娘さんのイライラのご相談(主人に八つ当たりしてしまう)、などありました。


今日は、不妊症の子宝漢方の2人のお客様から、ご懐妊の嬉しい報告がありました。

そのお二人に共通することは、「胃腸を丈夫にする漢方薬」または「胃腸の消化吸収を助ける漢方薬」を服用していたことです。


案外、見落としやすいのですが、日本人は胃腸が弱いですので、子宝相談のときにも、胃腸を保護したり、胃腸を丈夫にする処方を、「血の道症の漢方薬」に追加していたほうが、結果的に良い結果になることが多いです。


ご懐妊されたうちの一人、Hさまは、平成15年9月からずっと当店の漢方を服用しています。

その当時、31歳。


2回の流産の反復流産を経験され、あともう1回流産したら不育症の検査をするという、真剣なご相談でした。


漢方薬は、「血の道症の漢方薬」に「胃腸を丈夫にする漢方薬」の2種類で、翌年平成16年1月にはご懐妊が分かり、平成16年9月にはご出産されました。

妊娠中もずっと同じ漢方薬を服用して流産防止をしていて、産後も、同じ漢方薬を服用していて、月日は流れ、時は平成20年5月13日。


お母様から代理で「ありがとうございます。お陰さまで11週目です!」という嬉しいお電話を頂くことになりました。

春夏秋冬、毎日漢方を服用していましたので、立派だと思いますし、スタッフ一同心から嬉しく思っております。


「胃腸を丈夫にする」ということは、人間がりんごの木になったとしたら、「畑」に相当しますので、体全身も丈夫になりますので、妊娠しやすくなってきますし、流産対策にも、胃腸が丈夫になった結果、受精卵を守る「気血(きけつ)」が生み出されますので、丈夫な赤ちゃんを出産することが出来るのです。


そのような理由で、当店では、胃腸を丈夫にする漢方を服用している方は、たくさんいらっしゃいます。



さて、卵巣嚢腫のお客様の話ですが、遠方より当店に来店して頂けましたので、じっくりと相談することができました。

卵巣嚢腫が両方にあって、それぞれまだ手術の適応では無いので、漢方で卵巣嚢腫を小さくしたい。

いつも下腹部痛が、とくに左のへその横が痛んでいることを治したい。

子宮内膜症とも言われている。

これらを良くして、結果的に自然妊娠したい。

というご希望でしたので、私は


「通じざれば、すなわち痛む」

永遠の大原則のもとに、


○活血化淤(かっけつかお)

○疏肝理気(そかんりき)

○清熱解毒(せいねつげどく)


という、気血(きけつ)をスムーズに流通させて、お腹の痛みを解消して、卵巣の腫れにも効き目のある処方をお勧めしました。

1ヵ月後の感想では、見事に長年続いていた下腹部痛が解消して、へその左側の横の痛みがとれて、長い間持続する生理痛も無くなったそうです。

著効です。

これからも相談頑張ります!

(この方は、「ストレスによる気の詰まり」と「淤血(おけつ)」と「痰湿(たんしつ)」という邪気(じゃき)の複合体がありましたので、「補うこと」よりも、全面的に「通すこと」つまり瀉法(しゃほう)を使いました。)

新緑の若木山公園

<2008年5月12日 新緑の若木山公園 「昼下がり」>

|

« 15年前の体外受精の話 | トップページ | お友達の紹介 »

卵巣嚢腫|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産」カテゴリの記事

不育、流産後|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊症の漢方。2度の流産反復流産を防止する話と卵巣嚢腫の話:

« 15年前の体外受精の話 | トップページ | お友達の紹介 »