« 生殖補助医療の有用性と限界(4) | トップページ | 第22回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に参加して »

2008.06.04

ルナルナ女性の医学

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

不妊カウンセリング学会、不妊カウンセラー、体外受精コーディネーター養成講座のために、先週の木曜日の夕方から東京に旅立って、月曜日の朝に帰ってきましたので、仕事が溜まっていまして、多くのかたにご迷惑、そしてお待たせをしています。

さて、そんな中、昨日の夕方には立て続けに3人のお客様が来店されました。

やはり農繁期なのでしょうか、日中は暇なのですが、
夕方から忙しくなってきます。

1人は、私の父の相談で、2人の新規のお客様は、
私との相談でした。

私の相談でいえば、ストレスが強く見受けられました。

1人のお客様は、派遣社員で職場のストレスが大変だと
こぼしていました。

舌の尖が真っ赤で、心熱(しんねつ)といって、
これはストレス過剰タイプです。


基礎体温表は携帯電話に記録されていました。

案外、見やすいんですね。これが。

話を聞くと「ルナルナの女性医学」に月額105円を支払うと、
メールで排卵日などを教えてくれるそうです。


「あ、これは便利ですね」と思わず納得してしまいました。(笑)

やはり時代は進化していますね。


生活習慣では、コーヒーやタバコなどを止めてもらうことを約束しました。


もう一人のお客様も、ストレス過剰でした。

舌の尖が、真っ赤でした。

これも心熱(しんねつ)といって、ストレス過剰タイプです。

中医学的には、心肝火旺(しんかんかおう)といっても良い感じです。


その方の漢方的弁証は、

舌の尖が赤い、苔は薄白(はくはく)

1)蕁麻疹の原因

2)生理の周期が25~26日と早いのは、心熱が原因。

3)生理前のイライラも、心熱が原因。


と病機を考えました。


蕁麻疹と生理の状態の両面を睨んだ処方をお勧めしました。

偶然かもしれませんが、2人のお客様の処方は、
まったく同じ処方で、「ストレス漢方」にしておきました。

マイルドで王道を行く処方です。

お二人ともまた2週間後に来店してもらいます。

言い訳ではないですが、まず漢方を飲まないと分からないので、
漢方相談の初回は、「ピッチャー第一球を投げました!」の
始球式のようなものですから、まず服用してみて、体調を相談してください。
とお伝えしています。

|

« 生殖補助医療の有用性と限界(4) | トップページ | 第22回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に参加して »

蕁麻疹、湿疹/漢方薬」カテゴリの記事

月経周期が短い|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

ストレス|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルナルナ女性の医学:

« 生殖補助医療の有用性と限界(4) | トップページ | 第22回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に参加して »