« 駒の湯 | トップページ | 循環器疾患の薬物療法~多剤併用となる理由~ »

2008.06.18

霞城セントラルの眺めとペーパータワーゲーム

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


栗駒山の地震の後に、友人やお客様たちから安否のメール問い合わせを多数頂いています。

お陰さまで、山形でも震度4の地震がありましたが、お店も私を始め、スタッフ一同は無事に過ごしています。

暖かいお言葉の数々、この場をお借りしまして感謝の意を申し上げます。


さて、昨日は山形市で経営セミナーに出席してきました。

山形テルサが会場です。

昼休みに、晴れ渡る晴天に月山がきれいに眺められましたので、霞城セントラルビルの最上階に行ってきて、眼下の風景を撮影してきました。

手持ちのカメラでしたので、いつもより画像が落ちますが、山形ファンのみなさま、山形市に住んでいるかた、そして山形出身で東京など県外で活躍されている方に、昨日の風景をお送りしたいと思います。


霞城セントラルからの眺め

<霞城セントラルからの眺め>

この季節の山形は、日照時間が長く、さっぱりとしたとても気持ちの良い天候です。

右下には霞城公園。

前方に月山と葉山連峰が眺めれます。


霞城セントラルからの眺め

<霞城セントラルからの眺め>


月山です。

感動的な光景です。

残雪の月山。


霞城セントラルからの眺め

<霞城セントラルからの眺め>


千歳山と蔵王。

山形南高校出身のみなさん!

懐かしい風景です。

高校時代を思い出してしまいました。


経営セミナー

<ペーパータワーゲーム>

そして、これは昨日の山形市のあさひ会計事務所の経営セミナーの模様です。

遊んでいる訳ではありません。(笑)


「ペーパータワーゲーム」です。

A4の紙を30枚使って、できるだけ高い「自立したタワー」を作っていきます。

2班に分かれましょう!


1)作戦タイムを15分取ります。

この間、紙に触れてはいけません。


2)作成は2回に分けて行います。

1回目:3分 2回目:2分


3)作成は1人1回のみです。

1回目と2回目の参加者を分けて行ってください。


「ペーパータワーゲームの振り返り」


1:作戦の立て方はいかがでしたか?

何をどう進めるか共通に理解していたか?


2:役割分担はうまくいきましたか

何が良かったか? 何を変えればよいか?


「共同する意欲とは」


どうしたら「一緒にがんばろう」と思えるか。

安心したい

参加させてほしい

信頼して欲しい、信頼したい

明るく楽しい職場で過ごしたい

もっと成長したい


ペーパータワー

<ペーパータワーゲーム>


私たちの班は、とてもうまくいきました。

それは「イメージの共通化」が出来たからです。

みな、頭の中に「このような形のペーパータワーが出来る」というイメージを持ち、同時に作業も、A4の紙で柱を4本にして、上に紙を1枚敷いて、そして、また柱4本を置いて、6段に積み重ねていくとシュミレーションが出来ていました。

これがビジネスにおいて、協調性などともに役立つことだそうです。


私の仕事も、このブログも、ホームページも、すべては「私の頭の中のイメージを具体化」しているものであって、
それがお客様の頭の中のイメージや実際の体調とうまく重なって、漢方相談になっているのだと思いました。


先日、BSでコールドプレイを見ていたら、やはりボーカルのクリス・マーティンが、「僕の頭の中のイメージが音楽になっているのさ」と頭を指指して語っていましたので、なるほど「静寂の世界」「パラシューツ」「X&Y」などのアルバムは、クリス・マーティンの頭の中で鳴っていた音楽であり、それを私たちは共有しているんだ!と納得しました。

|

« 駒の湯 | トップページ | 循環器疾患の薬物療法~多剤併用となる理由~ »

勉強会(2004~2008)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞城セントラルの眺めとペーパータワーゲーム:

« 駒の湯 | トップページ | 循環器疾患の薬物療法~多剤併用となる理由~ »