« 生殖補助医療の有用性と限界(5) | トップページ | 駒の湯 »

2008.06.13

おめでとうございます(百合の花)

土屋幸太郎様

こんにちは。遅くなりましたが、無事出産しましたのでご報告です。
お蔭様で風薫る5月に男の子を無事出産しました。
もっと早くご報告したかったのですが、パソコンのない生活をしていたので
今頃になってしまいました。
日々変化し成長する赤ちゃんに驚き感動しながら、
育児に追われる毎日を送っております。
漢方を飲みながら頑張りたいと思います。(^-^)
山形もまもなく梅雨に入る時季になってきましたね。
お体ご自愛くださいませ。
取り急ぎ、ご報告まで。


今週の初めの6月9日に、とても嬉しいメールを頂きました。

平成19年3月27日より、当店で漢方相談をされたYさまは、
その後半年後の9月に陽性反応となり、
めでたくご出産となりました。

私個人的には、当初よりの養血調経(ようけつちょうけい)と
途中から服用を始めた養血補腎(ようけつほじん)の漢方薬が良かったのでは?
また、ご主人様にはまだお会いしたことがありませんが、
きっと素敵なご主人さまのと愛情が命を育んだのでは?と思っております。

お祝いの写真は、我が家の庭の百合です。

Imgp4215080613

今年も百合の花が咲く季節となりました。

百合の足元では、どくだみの可憐な白い花も咲いています。

Imgp4220080613

Imgp4226080613

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言ったところでしょうか。

この度は、まことにおめでとうございました!

ご主人の先生にも、どうぞよろしくお伝えしてください。

|

« 生殖補助医療の有用性と限界(5) | トップページ | 駒の湯 »

不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産」カテゴリの記事

我が家の庭 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おめでとうございます(百合の花):

« 生殖補助医療の有用性と限界(5) | トップページ | 駒の湯 »