« 多嚢胞性卵巣の漢方相談 | トップページ | 鷺草咲きました(2008) »

2008.08.29

不妊症の漢方。無排卵・無月経で妊娠

一昨日の夕方に一本の電話があり、昨日の午前中に相談に来るので予約をして欲しいとのことでした。

最近は、不妊症の子宝の漢方相談が増えてきていますので、それ自体珍しくないので、何とも思わずに昨日の午前中のお客様との相談の時間を待ったのでした。

平日にも関わらず主人と二人で来店されました。


初回のご相談は平成20年6月20日。


「無排卵・無月経」のご相談でした。


無排卵・無月経の漢方相談も数年前は、どうして良いのか分からずにオドオドしてしまうことなどありましたが、私が薬剤師でありながら不妊カウンセラーの資格を取ったこと、平行して相談の経験も豊富になり、ご懐妊などの実績も増えてきましたので、最近では自信をもって漢方相談を担当するようにしています。


舌ベロは色が薄い感じで、苔は薄白です。

血虚(けっきょ)と呼ばれる感じとお見受けしました。


病院では、誘発剤の内服(クロミッド)や注射でも誘発したけれども、卵巣が反応しなかったそうです。

14歳に初潮が来て、20歳を過ぎた頃から生理の周期がバラバラになりました。

食欲はあって、胃もたれや胸焼けはありません。

お通じは正常です。


血虚(けっきょ)の状態を改善する漢方をお勧めしました。

その後の昨日の平成20年8月28日に再来店。


ご主人様と一緒の来店で開口一番「妊娠6週目です!」とのことで、予想外のコメントに私も驚きながら喜びました。


今回は漢方も服用したせいか、卵がいっぱい採れて、OHSSで卵巣が腫れるくらいまでになったそうですが、今は3週間経過したので腫れもひいてきているとのことでした。


「今まで誘発剤の注射でも反応しなかったのに、今回卵巣が反応して、しかも妊娠できて嬉しいです。」ということで、ご主人共々喜んでおられました。

電話で予約をもらったときには、このような展開の漢方相談になるとは予想もしなかった「無排卵の漢方相談」でした。

今後とも経験値を積み重ねながら、お役立てできるよう努力していきたいです。

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。

詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。



所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


<最近、仙台から毎週のようにお客様が来店いらっしゃっています!>


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る

|

« 多嚢胞性卵巣の漢方相談 | トップページ | 鷺草咲きました(2008) »

不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産」カテゴリの記事

排卵障害|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

無排卵・無月経/不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊症の漢方。無排卵・無月経で妊娠:

« 多嚢胞性卵巣の漢方相談 | トップページ | 鷺草咲きました(2008) »