« よく聞くことは、よく効くことだ。 | トップページ | おめでとうございます・彼岸花 »

2008.09.24

嬉しいメールと、そして強風世界へ。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

9月7日にお客様より、嬉しいメールを頂きましたので
許可を頂きまして紹介させて頂きます。


 ご無沙汰しています。7月7日にMRIを撮影しました。

 職場が変わった為、9月3日に検査の結果を聞きに行った所、
右側の卵巣は、正常。左側の卵巣は、50x53mm→33x
36mmに縮小していると言われました。検診も、半年後にな
りました。
 
 土屋先先のおかげです。
 
 どうも有り難うございました。

ということで、お役に立てましてとても嬉しく思っている今日この頃です。

Imgp4899080924

<2008年9月24日撮影 我が家の庭 「あけび」>

村上春樹さんの「象の消滅」という本を読んでいます。

「ねじ巻き鳥と火曜日の女たち」「眠り」「納屋を焼く」「TVピープル」など、どの短編集も心に残るものばかりです。

真面目に─村上春樹さんと同じ時代を生きていて良かった─と思ったりもしています。

その中でも気に入っているのが、「ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界」です。

よく出来た小説で─結局は強風が吹いた一日だったが、僕と彼女の世界には何も変化が無かったのだ─ということが書かれています。


お気に入りの文章は、

「メリル・ストリープはその映画の中でダスティ・ホフマンと離婚するのだが、通勤列車の中でロバート・デ・ニーロ扮する中年の土木技師と知りあって再婚することになる。なかなか面白い映画だった。僕のとなりの席には高校生のカップルがいて、お互いのおなかをずっと触りあっていた。高校生のおなかって、なかなか悪くない。僕だって昔は高校生のおなかを持っていたのだ。」

この小説の最後のほうで、彼女が僕の家にやって来てカキ鍋を作り始めるのですが、その二人の会話もいけてるんです。

「ねえ、ちょっとおなか触っていいかな?」

「あとでね」と彼女は言った。


なぜに「ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界」を語っているかと言うと、今日はとても西風が強い「強風世界」の一日になりそうだからです。

写真からは強風の感覚が伝わってくるでしょうか?

Imgp4904080924

<「あけび」の木の下には、「彼岸花」が満開です。そして強風世界へ>

|

« よく聞くことは、よく効くことだ。 | トップページ | おめでとうございます・彼岸花 »

卵巣嚢腫|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しいメールと、そして強風世界へ。:

« よく聞くことは、よく効くことだ。 | トップページ | おめでとうございます・彼岸花 »