« 起床後1時間が辛い「坐骨神経痛」のしびれ。漢方薬で改善 | トップページ | 「長崎講演会に思うこと」 »

2008.11.11

多嚢胞性卵巣/不妊子宝の漢方相談。漢方で生理痛も軽くなりました。

先月10月13日から不妊症の子宝漢方相談をしている20代のお客様のお話です。


○平成20年10月13日


多嚢胞性卵巣での子宝の不妊漢方相談をご希望でした。

卵巣に5個ぐらい卵胞が見えて、プロラクチンも少し高めだったようです。

注射で誘発をしているとのことでした。


最近の生理は、ドロッとしていて血塊があるときがあります。

生理痛がつらく、二日目は鎮痛剤を服用します。

生理の二日前には下腹部が痛くなります。

基礎体温は低めです。

2~3日に排便で便秘気味です。

定期的に頭痛になりやすく、3日連続で頭痛が続き、治ったりします。

肩こりがひどいです。

冷え性で低血圧です。

足の付け根が時々痛くなります。


当店からは2種類の子宝漢方をお勧めしました。

それぞれ一緒にお湯に溶かして服用です。



○平成20年11月11日


土屋薬局で子宝の漢方薬を試した結果、だいぶ経過が良いとのことでした。


1)便秘が治った。お通じがスムーズになりました。

2)生理には血塊が無かった。

3)経血はドロっとしていたのが薄くなった気がする。

4)足の付け根の痛み、お腹の張りも無くなりました。

5)生理痛が軽かった。倒れるような痛みも無くて、生理痛を痛く感じるのも短かった。


私自身も子宝の漢方ってよく効くんだなあと実感しました。


引き続き同じ漢方で頑張っていって頂くことで、お客様もニコニコと喜んでいました。

今後にも大いに期待しているところです。

鳥取砂丘

<2008年11月2日 鳥取砂丘>

|

« 起床後1時間が辛い「坐骨神経痛」のしびれ。漢方薬で改善 | トップページ | 「長崎講演会に思うこと」 »

PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

生理痛、月経困難症|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多嚢胞性卵巣/不妊子宝の漢方相談。漢方で生理痛も軽くなりました。:

« 起床後1時間が辛い「坐骨神経痛」のしびれ。漢方薬で改善 | トップページ | 「長崎講演会に思うこと」 »