« おくりびとと山形交響楽団と庄内風景 | トップページ | 日中線記念館・2009 »

2009.02.26

卵巣のう腫改善のお話です。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

お客様から了承を頂きましたので、嬉しい報告を紹介させて頂きます。


○平成21年2月18日


以前卵巣のう腫で相談し漢方薬を服用しました。

薬を飲んでからは 時々痛みを感じていた下腹部痛がなくなりまた。

右の卵巣の大きさが正常になっ ていました。

(来月、また検診で大きさをは かります。)

左はまだ同じ大きさ でしたが痛みがなくなり感謝しております。

ありがとうございました。



○平成20年7月31日


Hさま 36歳です。

お子様は2人いらっしゃいます。

卵巣のう腫が2年前の子宮がん検診時にみつかり、
大きさは左右4cm前後です。

とくに症状はありませんでした。

最近、生理前に時々下腹部がチクチク痛みます。

2年前から大きさは変わらずで、定期健診のみで何も治療はしていません。

3ヶ月おきに採血やエコーの検査をしていますが、
このまま何もしないでただ「大きくなったら手術をしましょう」とだけなので不安です。

最近の検診では排卵の頃には、更に大きくなって痛むときもありますよ、
と言われてから痛みが気になってしまいます。

子供が小さいのでできれば入院、手術は避けたいと思い、
漢方薬で少しでも小さくできるのなら試してみたいと思っています。



今後とも、経過良く過ごして頂きたいです。

当店もお役に立ちまして良かったと嬉しく思っています。

Imgp6000090223_2

<2009年2月23日 我が家の庭のつらら>

|

« おくりびとと山形交響楽団と庄内風景 | トップページ | 日中線記念館・2009 »

卵巣嚢腫|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵巣のう腫改善のお話です。:

« おくりびとと山形交響楽団と庄内風景 | トップページ | 日中線記念館・2009 »