« FSHが高くて卵巣機能の低下の漢方相談 | トップページ | 2人目不妊人工授精で妊娠!不妊漢方子宝相談 »

2009.03.24

漢方仙台講演会

3月22日に仙台で南東北中医薬研究会で、漢方薬局の先生方に
講演してきました。

おもに婦人科の漢方のことで、漢方製剤では
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)を中心とした話の内容でした。

Dvc00292

<2009年3月22日 仙台JALシティ>

最近は、パワーポイントを使っていますので、
一度講演の資料を作ってしまえば、けっこう楽なんですね。

ちょうど昨年に静岡で講演したときの内容がありましたので、
ほぼそのまま話させて頂きました。


Dvc00289

こちらは、漢方相談シュミレーションの様子です。

試飲用の婦宝当帰膠を用意して、
ほかにも炒麦芽や涼血清営顆粒、冠元顆粒、衛益顆粒、晶三仙、
弓帰調血飲第一加減などの漢方製剤も揃えました。

その中で、お客様役に合った漢方を選んでお勧めするというテーマです。


実際に日頃の店頭での相談に近い内容で、
ふだん他店ではどのように相談しているか、
なかなか勉強できないことです。

私自身も講師を勤めながら、とても勉強になりましたし、
今後にもこの体験を生かしていきたいです。

|

« FSHが高くて卵巣機能の低下の漢方相談 | トップページ | 2人目不妊人工授精で妊娠!不妊漢方子宝相談 »

土屋幸太郎・漢方講演会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢方仙台講演会:

« FSHが高くて卵巣機能の低下の漢方相談 | トップページ | 2人目不妊人工授精で妊娠!不妊漢方子宝相談 »