« いちご鼻、鼻にきび。あごのニキビの漢方相談 | トップページ | 漢方体験:子宮内膜症で片方卵巣切除、受精障害を超えて »

2009.12.14

ふわふわしためまいと微熱

こんにちは。

薬剤師の土屋幸太郎です。

今日の山形は冷え込みが厳しくて、天気予報では雪マークでしたが、
幸運にもまだ曇りで雪は降っていません。


さて先月から、ふわふわした感じのめまいのご相談を受けています。

生理の1週間前にひどくなりやすい、最近ひどい感じ。

安定剤も服用しています。

冷え性もあり手足が冷えますが、たまに顔だけぽっぽと火照ります。

頭痛、ため息。


お勧めした漢方は、養血調経の補血剤とまいかい茶というバラのお花のお茶。


今月のご相談では、めまいがまだ取れません。

ふわふわしためまいです。

生理はピッタリ来ました。


ということで、恩師の先生に相談してみました。


「補血(ほけつ)しているのは良い方法です。

ほかに、ふわふわしためまいの原因として、→ストレス →微熱も関係あるかもしれません。」

そこでお客様にお聞きしてみると、確かに昨年の安定剤を服用するようになった頃から、微熱がずっと続いているそうです。


「頭痛とめまいに良いものに、微涼性の人参があります。ストレスや陰虚対策にもなります。微熱は、肝鬱(かんうつ)や陰虚傾向から来ているものかもしれないです」と有難いアドバイスをもらい、漢方の処方を組み立てることができました。

今後は、経過を観察して、ふわふわしためまいが良くなっていくことを期待しています。

Imgp8252091209

<2009年12月9日 最近、昼間にお月様が見られます。とっても綺麗です。>

|

« いちご鼻、鼻にきび。あごのニキビの漢方相談 | トップページ | 漢方体験:子宮内膜症で片方卵巣切除、受精障害を超えて »

めまい、立ちくらみ|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふわふわしためまいと微熱:

« いちご鼻、鼻にきび。あごのニキビの漢方相談 | トップページ | 漢方体験:子宮内膜症で片方卵巣切除、受精障害を超えて »