« 蔵王 | トップページ | 虎のぬいぐるみ »

2010.01.14

40歳前後の方のご懐妊

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日から断続的に雪が降り積もっている山形です。

暖冬と思いきや、今年は雪が多くて大変です。

さて昨日はお客様2人の方と今日の午前中は1人の方から
嬉しいご懐妊の報告を頂きました。

昨日のお客様たちは、それぞれ40歳の方でして、
1年間体外受精を頑張った方。

また自然妊娠された方ととても嬉しく思っています。

今日の午前中のお客様も含めて、流産防止をしたいとのことで
安胎(あんたい)の漢方をお勧めしています。

40歳前後の方の漢方相談の場合には、
当店では「補腎(ほじん)」に力を入れていて、
精力増強、若返り、卵巣、卵胞の発育促進になるような方針です。

五臓の「腎(じん)」とは、「成長、発育、老化」に関係しているところですから、
補腎をすれば、女性のライフサイクルの14歳:初潮、21歳、28歳から下り坂、
35歳、42歳というそれぞれ7の倍数の変化による老化傾向の対策になります。

35歳から42歳前後の方の漢方相談は、
他の漢方薬局さんでも増えているとのことですから、
今後とも力を入れていきたいです。

|

« 蔵王 | トップページ | 虎のぬいぐるみ »

補腎の話」カテゴリの記事

体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

高齢不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2010年(1月~6月)妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40歳前後の方のご懐妊:

« 蔵王 | トップページ | 虎のぬいぐるみ »