« 多嚢胞性卵巣、排卵障害でしたが漢方で自然妊娠 | トップページ | 鷺草(サギソウ) »

2010.09.02

今日は2組の方からご懐妊の報告がありました。「舌の尖の赤み」

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

本日2回目の更新です。

今日は2組のお客様からご懐妊の報告がありました。


そのうち1組のお客様は数年前に当店の漢方相談でご懐妊、ご出産されている方と同級生なので当店を紹介されました。

7月30日からのご相談で、今日の9月2日で7週目くらいですので嬉しい限りです。

誘発剤(クロミッドや注射)など病院でタイミングしていて、なかなか結果がでないときに漢方始めてそして結果がでましたので主人ともども喜ばれているそうです。


舌ベロの尖が赤みが強くてイチゴ状にポツポツと紅い点がありました。

これはストレスが強かったり、気の巡りが悪くて体が何かしら熱っぽいのです。

漢方は2種類で、養血調経(ようけつちょうけい)と疏肝理気(そかんりき)で全周期毎日の服用でうまくいきました。

気の流れをスムーズにして、こころと体のバランスを調和します。

排卵痛や生理前のイライラなども、気滞血淤(きたいけつお)ですから、この2つの漢方はその「証」を緩和することに役立つのです。

良かったなあと思っています。

ご自身で鏡で舌ベロチェックしてみて舌の尖が赤みが目立つ、気になる場合にはどうぞご相談ください。

心熱(しんねつ)といってストレス過剰なことが多いです。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土日祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

|

« 多嚢胞性卵巣、排卵障害でしたが漢方で自然妊娠 | トップページ | 鷺草(サギソウ) »

ストレス|漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2010年(7月~12月)妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は2組の方からご懐妊の報告がありました。「舌の尖の赤み」:

« 多嚢胞性卵巣、排卵障害でしたが漢方で自然妊娠 | トップページ | 鷺草(サギソウ) »