« ○漢方不妊症専門講座・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)…その7 「育卵→乾かすのではなくて、潤いをつける」 | トップページ | 中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による…基礎体温がガタガタ、どこが低温期、高温期かも分からない »

2011.11.10

お客様のご懐妊の話です…流産防止の漢方をお勧めした体験談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

木曜日は医療関連にお勤めの方が来店されたりして、比較的に平日でも忙しいです。

先ほどは、ご懐妊のお客様の連絡がありましたので、嬉しく思っているところです。

流産防止には、陽虚(ようきょ)といって寒がり、冷え性の体質があると流産しやすくなりますので、補腎陽で腎気(じんき)を強めていく処方をお勧めさせて頂きました。

12週までは無事に乗り越えていって頂きたいです。


また先日、昨日は3人目のお子様を授かったお客様が来店されまして、待望の女の子でもありましので、店内はパーッと明るくなったようで私も嬉しく思いました。

40代のお客様ですが、3人目だけど一番と元気に産まれたとおっしゃって頂きましたので、私も嬉しいです。

赤ちゃん、髪の毛、黒くて艶々でフサフサで、お肌の玉のように艶々で元気でした。(^^)


こちらのお客様も過去に流産の経験が何度かありましたので、流産後からご懐妊。そして流産防止の処方とお勧めさせて頂きました。

今回は産後の疲れもあるとのことで、漢方にプラスして天然アミノ酸製剤も服用して元気をだしていくことになりまいた。


不妊で悩んでいる頃の漢方相談からご懐妊、ご出産の嬉しい結果につながって頂き、そして赤ちゃん連れで再度ご来店して頂けますことは、薬局冥利に尽きます。

今後とも一生懸命勉強していって、多くのお客様に喜んでもらえるような漢方相談していきたいです。

Imgp28771101

<2011年11月10日 三ヶ瀬の流れ 奥羽山脈の秋の紅葉>

|

« ○漢方不妊症専門講座・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)…その7 「育卵→乾かすのではなくて、潤いをつける」 | トップページ | 中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による…基礎体温がガタガタ、どこが低温期、高温期かも分からない »

不育、流産後|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

高齢不妊|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2011年妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

初めまして。月経周期について悩みがあり、検索していたところ、こちらにたどり着きました。

私は39歳の主婦で、結婚8年目になりますが、未だ子宝に恵まれません。主人は15歳年上なので、もう厳しいかな、という気持ちもありますが、可能性があるなら授かりたいと願っています。

以前、私だけ婦人科で調べたところ、特に問題がないと言われましたが、ここのところ月経周期が早く、早いときは23日くらいです。量も少なくなってきて、生理中の日数も短いので、もしかして、もう閉経に向かっているのでは?と思い相談いたしたく、ご連絡いたしました。

この年齢で、漢方で改善することは可能なのでしょうか?
アドバイスをいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿: yuge | 2011.11.17 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お客様のご懐妊の話です…流産防止の漢方をお勧めした体験談:

« ○漢方不妊症専門講座・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)…その7 「育卵→乾かすのではなくて、潤いをつける」 | トップページ | 中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による…基礎体温がガタガタ、どこが低温期、高温期かも分からない »