« 突発性難聴、耳鳴りの漢方相談…○耳の圧迫感はございますか? | トップページ | 中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による(3) »

2011.12.31

カンジダ膣炎の痒みが漢方で2週間くらいでスッキリと治ったお話

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

とうとう12月も31日の大みそかを迎えています。

今年一年間は激動でしたので、来年は平凡でもいいから穏やかな年になってほしいです。


さてお客様Nさまに掲載許可を頂きましたので、コラムを作成させて頂きます。

1年間続いていたカンジダ膣炎の痒みが2週間くらいでスッキリと治ったお話です。



○平成23年12月24日 カンジダ腟炎の漢方相談日


Nさま 35歳 

今年結婚したばかりですが、カンジダ膣炎で悩んでいます。

寝る前に陰部が痒くなる症状がここ1年間続いています。

それまでは2~3年に一度、カンジダ膣炎になるくらいでした。

おりものはポロポロした感じです。

食欲あります。

お通じやお小水はとくに問題ないです。

冷え性でもあります。


月経周期は30日で4日間です。


土屋薬局からは、漢方薬としては2種類をお勧めさせて頂きました。


1)湿熱を解消する漢方薬

2)美肌油


美肌油のほうは、内服もOKですし、痒いときには患部に塗ることもできます。


またカンジダ膣炎の漢方相談で大切なことは、湿熱(しつねつ)という痒みや炎症の原因となる邪気が陰部にたまっているので、それを体の中からスッキリとさせていくことです。

中医学独特の方法になります。



○平成23年12月28日 カンジダ腟炎の漢方相談日


カンジダ膣炎が改善しました。

朝にスッキリと起きられるようになりました。

体の重みもとれました。

生理も来ましたが、経血量が増えて調子がいい感じです。


以上です。

カンジダ膣炎でお悩みの方は多いと思います。

今後とも役立つ漢方相談を心掛けていきたいです。



雪の若木山に登る道

<2011年12月24日 雪の若木山に登る道>

|

« 突発性難聴、耳鳴りの漢方相談…○耳の圧迫感はございますか? | トップページ | 中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による(3) »

カンジダ膣炎|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンジダ膣炎の痒みが漢方で2週間くらいでスッキリと治ったお話:

« 突発性難聴、耳鳴りの漢方相談…○耳の圧迫感はございますか? | トップページ | 中医不妊症お茶の間講座 「卵管閉塞」 クラミジア感染症による(3) »