« 右手がふるえる。 パーキンソン氏病への漢方的処方の考察 | トップページ | ニキビのゴリゴリニキビタイプ、慢性の頑固なタイプの治し方を教えて下さい »

2012.06.19

46歳のお客様 めでたくご懐妊!されました。 妊娠中にイライラする

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

台風間近の山形です。

小雨が降っていて、梅雨時といった風情になっています。

緑は雨にしっとり濡れて気持ち良さそうにしています。


さて、先週にスー先生にお聞きした内容をログしていきます。



46歳のお客様 めでたくご懐妊!されました。

漢方に関する質問を頂きました。


「実は私は元々自律神経が弱く、ホルモン剤を打ったり飲んだりすると非常に イライラしてしまう為に、柴竜○を飲んでおりますが、妊娠中の服用は大丈夫なのでしょうか。ふと不安になり、今日から止めておりますが、そのせいでイライラするのも辛いです。」


→アドバイス


基本的には柴竜○は問題ないでそうです。

ただし柴胡は理気剤なので、一般的には妊娠したら使わないほうがいいそうです。

子宮収縮をおこす可能性。

不安には安神薬が使いやすいです。

(疏肝理気よりも)


珍珠母や琥珀などの重鎮安神剤や酸棗○湯。


ほかに妊娠中は大黄系はダメ、活血も避ける。

我朮や三棱などの破気薬もダメ。

理気剤は陳皮がいいです。理気安胎作用

基本的には柴竜○は問題なくて、オウゴンなども安胎作用があります。


妊娠3か月以内は薬は少なめに。

Imgp44270615

<2012年6月15日 我が家の庭 まるで陽炎のような真紅のクジャクサボテン>

|

« 右手がふるえる。 パーキンソン氏病への漢方的処方の考察 | トップページ | ニキビのゴリゴリニキビタイプ、慢性の頑固なタイプの治し方を教えて下さい »

不育、流産後|不妊治療と漢方薬」カテゴリの記事

何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと」カテゴリの記事

妊娠中と産後の体調不良|漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2012年妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 46歳のお客様 めでたくご懐妊!されました。 妊娠中にイライラする:

« 右手がふるえる。 パーキンソン氏病への漢方的処方の考察 | トップページ | ニキビのゴリゴリニキビタイプ、慢性の頑固なタイプの治し方を教えて下さい »