« 繰り返す突発性難聴への漢方対策 | トップページ | 2年目の3月11日を迎えまして »

2013.03.08

メールマガジンVOL204号発行しました!…「中国大使館 商務処に行ってきました。」

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

三寒四温の季節となり、山形も一雨ごとに春の足音が聞こえてくる季節となりました。

雪解けです。


今日は日中妻の用事に付き合って車を走らせたのですが、ラジオのFM山形のハッピーマルシェでは温泉特集で「先週の海老鶴温泉が大人気でした!」「ラジオを聴いて海老鶴に行ったらハッピーマルシェの話題で大盛り上がりでした」などと平日金曜日午前のラジオのネタは凄いなあと感心しきりでした。

パーソナリティーの伊藤さん、ツイッターでフォローしているのですごく親近感があります。

さて余談ですみませんでした。


今週の火曜日 3月5日にメールマガジン通算204号を発行しました。

その内容と編集長コラムをご紹介したいと思います。


 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン 
vol.204 2013・03・05 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ご購読ありがとうございます。

当メールマガジンは、土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン
のメンバーに登録を頂いた方にのみ、送信しております。

誠に恐れ入りますが、配信アドレスの変更、配信停止(メンバー退会)は
お客様自身でお手続きくださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139327.htm
発行者Webサイト: http://tutiya.la.coocan.jp/mail-maga.htm
----------------------------------------------------------------------


● このメルマガの内容とは


最新の中国漢方情報とスタッフの日常や近況を綴っております。


● 目次


1.巻頭コラム 「産後の母乳、イライラを漢方で解消、ご出産されました」


2.ハッチ日記 180話 「あの、ガンプラが名残惜しい様子です。」


3.スタッフより 「神町中学校へ入学する「新1年生」へ」

4.『とってもためになる!中国漢方セミナー203』
  
   ★『冬から始める花粉症予防』の巻★

5.編集後記 「中国大使館 商務処に行ってきました。」

●お知らせです。

「メルマガでもっとお役に立てる情報を発信したいと思いますので、
日ごろから疑問に思っていることを教えてください。

あて先は、こちらへ  <JDY00247@nifty.com>です。
ツイッターは、http://twitter.com/tutiyakです。



2013年3月3日のときの模様をもう一度写真で振り返ってみたいと思います。


早朝にさくらんぼ東根駅を出発

<2013年3月3日 早朝にさくらんぼ東根駅を出発>

雪がちらつく寒いさくらんぼ東根駅に、山形新幹線つばさが到着です。

南陽市の風景

南陽市の風景です。

パッと視界が開ける、豊かな置賜盆地です。

バードが愛した世界です。

中国大使館商務処

中国大使館商務処についたら、私のネームプレートが用意されていて感激しました。

中国大使館商務処

本格的に記念式典が始まる前にパチリ。

中華料理

この中華料理、山芋だそうですが、ほとんどデザート感覚の美味しさでした。

中国通の先生によりますと、なかなか日本では食することが難しいです。

残念だけども普及していない中華料理のひとつだそうです。

福

この「福」の文字が実に縁起がいいですね。

中国は懐が深い大国です。

帰りには大丸で妻に「ひな祭りロール」のお土産を購入して帰路につきました。

長い一日でした。

|

« 繰り返す突発性難聴への漢方対策 | トップページ | 2年目の3月11日を迎えまして »

メールマガジン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メールマガジンVOL204号発行しました!…「中国大使館 商務処に行ってきました。」:

« 繰り返す突発性難聴への漢方対策 | トップページ | 2年目の3月11日を迎えまして »