« お陰様で水害の被害もなく通常通り営業しています。ご心配ありがとうございます。 | トップページ | 漢方服用後に経血量が増えて月経期間も3日から5日間に! »

2013.07.24

頸椎症の漢方相談について

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先週からの豪雨により、周囲の天童市、村山市、河北町谷地など断水になっています。

お客様によると水害は長くかかるとのこと。

被害に遭われた方、断水のお宅などお見舞い申し上げます。

震災のときには電気や物資がなくなりましたが、水害の断水状態も長く続きますと私たち市民の生活が大変になってきます。

自衛隊は断水、学校のプールは中止、ホームセンターはポリタンクは売り切れで営業している温泉施設、たとえば東根温泉はすごい混みようだそうです。

早く雨が止んでほしいです。


さて、本日は中医痺証専門講座で学んだ「頸椎症(けいついしょう)」について。

復習を兼ねてアップしていきたいです。

頸椎症とは 


1)頸椎椎体骨の骨棘形成

2)椎間板の後方突出

3)靭帯の石灰化、骨化など

により、脊髄から出て肩や腕に行く神経(神経根)がまたは脊髄自身が圧迫・刺激される


「頸椎性神経根症、頸椎症性脊髄症」


頸椎症の症状 ①

1)頸部の症状 

肩や首の筋肉の緊張、圧痛

頸部の前屈や後屈時に後頸部から肩、上肢へ放散する痛み


2)上肢の症状

上肢の痛みとともに脱力感、疲労感、手指の感覚異常、冷感、こわばり(字を書く、物をつかむなど手先を使うことが難しくなり時間がかかる)


3)感覚異常

圧迫部位の高さに一致している(第5、6、7頸椎椎間板)→拇指、中指、小指→手の筋肉の委縮、皮膚温の低下、発汗異常、手指の変形


4)脊髄が圧迫される

下肢の症状、歩行障害、便秘・排尿障害など


5)椎骨動脈が圧迫される

首を曲げる→血行障害がおこる→めまい



<首に痛みがみられる疾患>


○頸肩腕症候群

女性に多い、事務系の発症が多い、首・肩・腕にかけての慢性的な強い痛み

頭痛、目の疲れ、不眠、脱力感、憂鬱感、手のしびれや冷え


○頸椎捻挫(むちうち症)

頸椎の関節や筋肉、靭帯などの微細な損傷


○頸椎椎間板ヘルニア

椎間板が突出し、神経を圧迫する

首や肩の痛みや手先のしびれ


○変形性頸椎症

椎間板の機能低下、老化現象、四十代、五十代によくみられる


○後縦靭帯骨化症

五十歳以上の方が多い、後縦靭が肥厚し、骨化して脊髄を圧迫する→首・肩の痛み、手足のしびれ


○頸椎、脊髄腫瘍

安静にしていても、鎮痛剤を服用しても首や背中に激しい痛み(手足の麻痺、指先にかけて広がる)


次回、中医学の認識についてまとめていきたいです。


榛名山神社

<2013年7月14日 榛名山神社>

スピリチュアルな場所としても有名だそうです。

何の予備知識もなかったのですが、想像上に素晴らしい神社で驚きました。


榛名山神社榛名山神社

榛名山神社

|

« お陰様で水害の被害もなく通常通り営業しています。ご心配ありがとうございます。 | トップページ | 漢方服用後に経血量が増えて月経期間も3日から5日間に! »

頸椎症、首のこり|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頸椎症の漢方相談について:

« お陰様で水害の被害もなく通常通り営業しています。ご心配ありがとうございます。 | トップページ | 漢方服用後に経血量が増えて月経期間も3日から5日間に! »