« ホルモンが少なく子宮内膜が薄く着床しづらく、流産も乗り越えられ、無事に女の子を自然妊娠で出産しました! | トップページ | 過呼吸の漢方相談…手が氷のように冷たくなる、吐き気 »

2013.12.13

卵管留水腫が無くなっていました。 卵管はもとに戻って、卵巣も普通になっていました。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「卵管留水腫が無くなっていました。
卵管はもとに戻って、卵巣も普通になっていました。」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お客さまの掲載許可を頂きましてコラムを作成しています。


○平成24年2月23日


骨盤腹膜炎で2週間入院されたとのことで、右の卵管留水腫でした。

30代の女性のお客さまです。

お腹に菌が残っているだろうと言われました。

抗生物質とピルを処方されています。


右のお腹に違和感があり、ひきつる感じです。

生理のときに腰が痛くなる感じでした。


漢方薬は3種類をお勧めしました。

5つの花の生薬、ロシアで1000本に1本の割合でみつかる貴重なもの、水蛭製剤の3つです。



○平成24年3月27日

菌は無くなっていてお腹の塊もとれました。

まだ卵管の炎症があります。

子宮内膜も落ち着いています。

右のお腹に違和感がありうずく感じです。

夜に眠れないことはなくなってきました。


5つの花の生薬、ロシアで1000本に1本の割合でみつかる貴重なもの、

そして気を開く漢方をお勧めしました。


右のお腹の違和感の軽減のために、気の流れをスムーズにしていく方法です。



○平成24年6月4日

だいぶ良くなっています。

病院にもあまり行かなくて良くなった。



○平成24年7月26日

卵管留水腫が無くなっていました。

手術と言われていましから嬉しいです。

卵管はもとに戻って、卵巣も普通になっていました。


漢方を服用してほかに嬉しかったことは、生理前の吹き出物がなくなったことです。


Imgp81531201

<2013年12月1日 山形市 蔵王眺め>

稲刈りも終わり、蛙たちは眠りにつき冬を待つばかりの田んぼからの蔵王眺めです。

Imgp81561201

Imgp81601201

これから蔵王はスキーシーズン。

多くの観光客がやって来ます。

Imgp81721201

|

« ホルモンが少なく子宮内膜が薄く着床しづらく、流産も乗り越えられ、無事に女の子を自然妊娠で出産しました! | トップページ | 過呼吸の漢方相談…手が氷のように冷たくなる、吐き気 »

卵管水腫|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵管留水腫が無くなっていました。 卵管はもとに戻って、卵巣も普通になっていました。:

« ホルモンが少なく子宮内膜が薄く着床しづらく、流産も乗り越えられ、無事に女の子を自然妊娠で出産しました! | トップページ | 過呼吸の漢方相談…手が氷のように冷たくなる、吐き気 »