« 不妊症お茶の間講座 PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の漢方講座(2)…甲状腺機能低下症 | トップページ | リウマチの不妊症。漢方で体質改善。治療を続けながら妊娠出産! »

2014.03.14

漢方体験:月経周期が25~26日と短く慢性の不正出血もありましたが出産できました

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  「月経周期が短く慢性の不正出血もありましたが出産できました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Tさまから掲載許可を頂きまして、コラムを作成させて頂きます。


○2012年11月

「ご連絡が遅れましたが、おかげさまで、11月5日に元気な男の子が生まれました。

高齢出産でいろいろ不安はありましたが、無事に生まれてくれて本当によかったです。


先生にはお薬の件でたびたび相談にのっていただき本当にありがとうございました。

この子に会えたのも先生のおかげだと思います。

今後も体調や生理で悩みがあればご相談させていただくと思いますのでよろしくお願いします。」


初めての漢方相談

Tさま 37歳のときのご相談です。

2人目の子宝相談です。


○2011年11月28日


妊娠希望なのに月経周期が早くなった。

月経周期 25~26日

不正出血、月経量、日数の減少


また妊娠できる体になりたいです。

昨年1月出産、3月に月経再開後より


夏は暑さで動悸がち(パニック障害歴あり)

その他の時季は寒がり、冷え症です。


出産前はPMSで毎月頭痛が出現しましたが、昨年1月出産後はほとんどありません。


月経前特に目が見えにくくなる気がします。

出産後体調が大きく変化しました。

月経周期が短くなるなど月経に関する変化


出産前の歯肉炎→中等度以上の歯周病になり数本歯茎切開等

3か月治療に要しました

出産後半年で両手首とも腱鞘炎になり数か月注射治療を行いました。


土屋薬局からは、

帰脾湯、健脾散、参茸補血丸、冠元顆粒とお勧めさせて頂きました。

○月経期

婦宝当帰膠×2回
冠元顆粒半包×2回
帰脾湯1包×2回
イスクラ健脾散1包×2回


○卵胞期~排卵期

婦宝当帰膠×2回
帰脾湯1包×2回
イスクラ健脾散1包×2回


○黄体期

婦宝当帰膠×2回
帰脾湯1包×2回
イスクラ健脾散1包×2回
イスクラ参茸補血丸8丸×2回
冠元顆粒半包×2回(生理の1週間前から)

○翌年の2012年1月9日に不正出血対策として、田七人参も追加でお勧めしました。


○2012年2月7日から

月経周期が短い対策で漢方薬の組み合わせを変更しました。


婦宝当帰膠×2回
田七人参1包×2回
帰脾湯1包×2回
二至丹6粒×2回
知柏壮健丸9丸×2回


○2012年3月22日

温清飲も追加でお勧め

○2012年3月21日

陽性反応です!


不正出血対策で元気な母体のために、

帰脾湯、田七人参、二至丹、婦宝当帰膠の4種類をお勧め


それからつわりのときには健胃顆粒などお勧めさせて頂きました。


そして今回の良き結果につながって嬉しく思いました。



「東根市の白水川」

Imgp73500304

<2014年3月4日 東根市白水川>

白水川、奥羽山脈に流れを発し、やがて下流は最上川にぶつかり、大河となって日本海に流れ出ます。

目立たないひっそりとした川ですが、春には桜並木が沿岸を飾ります。

東根市住民に愛されている川です。


秋には川原で芋煮会もいいものです。


Imgp73510304


遠くにみえる山は葉山です。

村山の象徴的存在です。

葉山の雪も影が薄くなってくると春が来たことを実感します。


Imgp73550304

Tさま、このたびはどうもおめでとうございました!

ご家族末永い幸せを心より祈念申し上げます。

これから桜の季節を迎えるのが楽しみですね。

|

« 不妊症お茶の間講座 PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の漢方講座(2)…甲状腺機能低下症 | トップページ | リウマチの不妊症。漢方で体質改善。治療を続けながら妊娠出産! »

不正出血|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

月経周期が短い|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2014年妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢方体験:月経周期が25~26日と短く慢性の不正出血もありましたが出産できました:

« 不妊症お茶の間講座 PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の漢方講座(2)…甲状腺機能低下症 | トップページ | リウマチの不妊症。漢方で体質改善。治療を続けながら妊娠出産! »