« 漢方体験:嬉しいご来店でした! 基礎体温が高めで人工授精6回目で妊娠、出産でこれからは2人目も目指していきます | トップページ | 「耳鳴りに対する中国漢方の店頭応用」 »

2014.05.16

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン第233号発行しました。~夏季限定のメニュー、珈琲スペシャルゼリーの季節到来です!

こんにちは!

土屋薬局メールマガジンの紹介です。

毎月、5日と15日にスタッフや妹と力を合わせてメールマガジンを作成しています。

子育て日記など兄の私も読んでいて、甥っ子たちの成長が手に取るように分かって楽しいです。


さて、みなさまのお陰様で、5月15日の昨日に無事に第233号を刊行できました。

今回の内容は、以下の通りです。

ぜひメールマガジンに登録してください。

ためになる情報がいっぱいです!

こちらです。→http://archive.mag2.com/0000139327/index.html



 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン 
vol.233 2014・05・15
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ご購読ありがとうございます。

当メールマガジンは、土屋薬局 中国漢方通信メールマガジンのメンバーに登録を頂いた方にのみ、送信しております。

誠に恐れ入りますが、配信アドレスの変更、配信停止(メンバー退会)はお客様自身でお手続きくださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139327.htm
発行者Webサイト: http://homepage1.nifty.com/TUTIYA/mail-maga.htm
----------------------------------------------------------------------


● このメルマガの内容とは


最新の中国漢方情報とスタッフの日常や近況を綴っております。


● 目次


1.巻頭コラム 「足を引きずって歩いていた、歩けなかった痛みがまったくなくなりました」


2.ハッチ日記 「GWはキャンプへ行ってきました!!」


3.スタッフより 「新1年生は今、仮入部にきています」


4.『とってもためになる!中国漢方セミナー233』
  
   ★『女性の元気は「血」が基本』の巻★


5.編集後記  「漢方体験:嬉しいご体験でした!基礎体温が高めで人工授精6回目で妊娠、出産でこれからは2人目も目指していきます」

<おまけの画像>

Imgp77070506

<2014年5月6日 山形市>

いつも通っている喫茶店のオープンを待っていたら、マスターが雀たちに餌をまいています。

雀たち上空から集まってきました。

Imgp77080506

Imgp77100506

特等席の蔵王が眺められる席に妻とすわり、外の様子を観察します。

Imgp77120506

雀ちゃんたち集まってきました。

ほんとにいつも平和な川べりの風景で心が癒されます。


Imgp77160506

フレンチトーストは冬期間のメニューのようでシナモントーストセットを注文しました。

相変わらずのクオリティーで美味しかったです。


Imgp77170506

蔵王も初夏を迎えようとしています。

だいぶ白い帽子が少なくなりました。


そしてフレンチトーストと入れ替わりに夏季限定のメニュー、珈琲スペシャルゼリーの季節到来です!

Imgp77180506

美味しかったです。

今年はあと何回、このパフェを食べられるのでしょうか?

みなさまも良い季節をお過ごしくださいませ。

|

« 漢方体験:嬉しいご来店でした! 基礎体温が高めで人工授精6回目で妊娠、出産でこれからは2人目も目指していきます | トップページ | 「耳鳴りに対する中国漢方の店頭応用」 »

メールマガジン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン第233号発行しました。~夏季限定のメニュー、珈琲スペシャルゼリーの季節到来です!:

« 漢方体験:嬉しいご来店でした! 基礎体温が高めで人工授精6回目で妊娠、出産でこれからは2人目も目指していきます | トップページ | 「耳鳴りに対する中国漢方の店頭応用」 »