« 2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて | トップページ | 耳鳴の漢方相談についての考察 »

2015.01.16

肘の痛みに効く漢方相談(2)

本日、2回目の更新です。


三連休明けでゆっくりとしているのですが、肘の痛みの漢方相談のお客様がいらっしゃいました。


男性のかたで両肘、とくに利き腕の右ひじから手首までが痛くてだるくなって、力が入りにくいそうです。


溶接工の仕事をされているそうです。


ホームページをお読みになって「独歩顆粒を服用したら、根本から体が治っていくのではないだろうか?専門家の意見が聞きたい。」という趣旨の漢方相談でした。


独歩顆粒はサクランボやリンゴ農家のかたの冬場の寒い季節の畑仕事、剪定などで手の指先に力が入りにくいときにも応用が利くものですからそのこともお伝えしました。


踏ん張って、頑張って仕事をされる方の味方になれる漢方薬です。


(「肘の痛みの漢方相談…約3ヶ月間の服用で、肘の症状も改善して調子の良い毎日を過ごされています。」も参考になりましたら、幸いです。)


冬の蔵王のお地蔵さん、頭まで雪ですっぽり

<2014年12月28日>

山形市蔵王

地蔵さんの頭まで雪ですっぽりです。


雪のモンスター、樹氷も輝かしいです

山形蔵王快晴

雪のモンスター、樹氷も輝かしいです。


遠くの朝日連峰もバッチリの風景、山形市蔵王スキー場でした

遠くの朝日連峰もバッチリの風景です。

|

« 2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて | トップページ | 耳鳴の漢方相談についての考察 »

肩痛、五十肩|漢方薬」カテゴリの記事

肘痛|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肘の痛みに効く漢方相談(2):

« 2014年 中医痺証専門講座南通研修の研修を終えて | トップページ | 耳鳴の漢方相談についての考察 »