« 子宮腺筋症で手術後漢方服用で妊娠5ヶ月でした! | トップページ | 1年間休んでいた土屋薬局 メールマガジン、とうとう明日の2月5日に復活します。 »

2016.02.02

婦宝当帰膠と阿膠と楊貴妃と冷え性と美容の話

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


最近、「お友達の紹介からです」「仕事先のお知り合いからの紹介です」という来店のきっかけのお客様が増えていらっしゃいます。


先日は小中の同級生の車屋さんの口コミで、娘様の冷え性の漢方相談にお母さんと娘様が連れたってのご来店がありました。


今日は「お店に来るお客さまからのご紹介で手の冷え性に」という有難いご来店もありました。


お話させて頂いてプラス美容にもいいもの、若返りにも役立つものとして婦宝当帰膠にもう一つの漢方もお勧めさせて頂きました。


婦宝当帰膠は手足など末端の冷え性傾向に役立つ漢方でいわゆる「温活(おんかつ)」にいいものです。


Imgp44721121

<2012年11月21日撮影 土屋薬局店内>

フラッシュの関係で光った状態になっていますが、金色の美しいラベルが貼られている漢方薬です。

Imgp44751121

金具を外していきます。

Imgp44781121

液だれ防止キャップをはめます。

これで服用するまえの準備完了です!


Imgp44801121_2

計量スプーンです。

Imgp44811121

湯飲み茶わんやマグカップなどに婦宝当帰膠を入れて、そしてお湯割りにしていきます。

お湯で割ると飲みすい、ほっとする味になります。

Imgp44821121

Imgp44831121

<特徴>

イスクラ婦宝当帰膠は、トウキをはじめ、センキュウ、オウギなどを加えた処方でこれら9種類の生薬を原料とするシロップ剤です。

更年期障害の方の頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え症の改善を目的としております。


<効能・効果>

更年期障害による下記疾患:頭痛、肩こり、のぼせ、めまい、耳鳴り、貧血、腰痛、腹痛、冷え性、生理不順、生理痛



よく当帰芍薬散を服用している方がいらっしゃいますが、最大の違う点は、婦宝当帰膠には当帰と阿膠という女性に良い2大生薬が配合されているところです。


阿膠は補腎薬、補陰薬ですから生理不順や不正出血のとき、また美容などにも効果的です。


中国に行きますと「阿膠入り美容クリーム」「阿膠入り食品」などもあるくらいです。


0130202

中国に中医学、中国の伝統漢方医学を勉強に行ったときに購入した阿膠(あきょう)の本です。

1冊まるごと阿膠の特集です。


0140202

ページをめくってみますと「175年前に、この写真の阿膠は皇帝に献上されたものです」と書かれています。

山東省の阿膠の最高級品が献上されたそうです。


阿膠は山東省が最高なので「山東阿膠」とも言われるくらいです。


現在は、中国阿膠博物館で展示されています。


下段には、阿膠は9日間煮詰めてつくります。

千年以上前から阿膠の歴史があります。


北魏の国の曹操は阿膠を「仙薬」と呼んだ。


糖の時代には世界三大美女の楊貴妃が愛用した。


「美容養顔」につかった。


清の時代にも阿膠は終身滋補として愛された「調経安神」の効能がある。


0150202

次のページには阿膠が楊貴妃から愛されたことが書かれています。


阿膠は女性の美肌、皮膚に最高なものです。

唐の時代の楊貴妃は阿膠を利用して、実に肌理の細かなお肌でした。


などなどいかに素晴らしいかが記載されています。


冷えにもよくて美肌効果も期待できるなんて婦宝当帰膠は素晴らしいですね。


0010202

<2016年2月1日>

冬の若木山、快晴

0020202

冬の野川。散歩道


冬の乾燥した乾いた空気からの対策にも婦宝当帰膠はお勧めです!

|

« 子宮腺筋症で手術後漢方服用で妊娠5ヶ月でした! | トップページ | 1年間休んでいた土屋薬局 メールマガジン、とうとう明日の2月5日に復活します。 »

不正出血|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

冷え性|漢方薬」カテゴリの記事

ココログ版漢方(無名)コラム・2010~」カテゴリの記事

イスクラ婦宝当帰膠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 婦宝当帰膠と阿膠と楊貴妃と冷え性と美容の話:

« 子宮腺筋症で手術後漢方服用で妊娠5ヶ月でした! | トップページ | 1年間休んでいた土屋薬局 メールマガジン、とうとう明日の2月5日に復活します。 »