« 「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ | トップページ | 不妊漢方/不妊漢方治療の応用 »

2016.05.19

毎回2人で「妊娠出来そうだね~!」と妊活を前向きに話し、漢方の的確なアドバイスもあったからこそ


<上記は3つとも動画です。音声がでますのでイヤホンでお聞きになるか、そっとお聞きください。しゃべりは土屋幸太郎です。>


○2016年5月9日


お久しぶりです。漢方相談で御世話になっておりました。

悪阻や妊娠後期では切迫早産で自宅にて安静にしていた為にお店にお伺い出来ないまま出産となりましたが、漢方は主人にお願いして続けておりました。
出産は予定外の帝王切開となりましたが、元気いっぱいで髪の毛ふさふさの肌の色つやの良い3100gの女の子を5月7日に出産する事が出来ました。
土屋薬局さんにお伺いしてお話しをした事を自宅に戻って主人に話すと毎回2人で「妊娠出来そうだね~!」と妊活を前向きに話し合いながら進めてこれた事、漢方の的確なアドバイスがあったからこその結果だと本当に感謝しております。
これからが本番、気力・体力共に蓄えて育児に励まないとと思いますが、何よりも妊娠前、妊娠中の気持ちを忘れずに子育てをしていこうと思います。
取り急ぎメールでのご報告とさせていただきます。
本当にありがとうございました!


子宝が龍に乗ってやって来た 土屋薬局 中国漢方通信のロゴです


<薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です>


土屋薬局、赤ちゃんの写真がまた増えました。人工授精5回して、その後腹腔鏡手術を勧められ夫婦で迷い、思いきって土屋薬局に漢方相談にご来店されました。平成26年3月22日が初来店、今年の平成28年5月に女の子出産です。

どうもおめでとうございました。

末永いお幸せをスタッフ一同、心から願っております。

|

« 「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ | トップページ | 不妊漢方/不妊漢方治療の応用 »

人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2016年妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎回2人で「妊娠出来そうだね~!」と妊活を前向きに話し、漢方の的確なアドバイスもあったからこそ:

« 「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ | トップページ | 不妊漢方/不妊漢方治療の応用 »