« お腹の張り止の薬を、漢方薬と一緒に服用していいですか? | トップページ | 仙台漢方定例会「声帯病、扁桃疾患、口内炎」に来ています。 »

2016.06.25

山形県最上地方からの絵葉書と宝島社「漢方・中医学がわかる本」

こんにちは。

蒸し暑い感じの山形です。

紅秀峰の出荷が始まりましたので、そろそろ7月を意識してきました。

みなさま、休日の土曜日いかがお過ごしでしょうか?


さて、山形県最上地方のお客様から嬉しい絵葉書を頂戴しました。

突然でしたので嬉しかったです。


お客様は以前に漢方相談をさせて頂いて、いまは2人の女の子に恵まれています。




絵葉書には、元気で家族で暮らしていること、そして私への気遣いの言葉が優しい言葉で溢れていました。


「昼はあつく、夜は肌さむい日がつづいていますが、先生も体調には気をつけて仕事してください。それでは失礼します」


みなさまに感謝、ありがとさまです。


そして宝島社から「漢方・中医学がわかる本」「自然の生薬で心とからだの不調が治る!」が発売されました!

スペシャルムック本です。(^-^)/


東北地方では一軒、土屋薬局が紹介されました。

光栄です。

ありがとうございました。

皆様も本屋さんで見つけたらせひ手にとってみてください。


余談ですが、広告の北海道の上村漢薬堂さんは先代のお父様の講演を聞いたことがあります。

そのときはまだ20代前半でしたのでとても人生や漢方薬、薬局の経営のことなどとても参考になりました。

個人的には上村先生のお店はとても心に残っています。


関東の群馬県の高崎漢方薬局さんも2人の先生とも私にとってメンター的存在でありまして、頭がまったく上がりません。つねに教わることが多く、あの中医学、薬局での漢方にかける情熱は見習いたいです。

すごく尊敬しています。


ではでは、明日も良い一日で! 

|

« お腹の張り止の薬を、漢方薬と一緒に服用していいですか? | トップページ | 仙台漢方定例会「声帯病、扁桃疾患、口内炎」に来ています。 »

ココログ版漢方(無名)コラム・2010~」カテゴリの記事

不妊漢方で子宝|2016年妊娠出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形県最上地方からの絵葉書と宝島社「漢方・中医学がわかる本」:

« お腹の張り止の薬を、漢方薬と一緒に服用していいですか? | トップページ | 仙台漢方定例会「声帯病、扁桃疾患、口内炎」に来ています。 »