« AMH0・1で2人め希望の子宝の漢方相談で | トップページ | 長岡の大花火大会 »

2016.12.12

痔の不快な痛みや出血に即効性があり。飲む痔の漢方薬

おはようございます。

土屋薬局です。


昨日の日曜日に山形新聞にチラシをいれました。


土屋薬局のチラシ


手書きの印刷でピンク色で、ヤマザワさんやおーばんさん、イオンさん、ヨークベニマルさんと並んでも、目立つような感じです。アナログ感がたまりません。


このチラシの内容は、


「厳しい寒さ、新年を迎える準備に、毎日の雪はき 肩の痛み、腰の痛み、足の痛み、膝の痛み」


「カラダの痛みに… 詳しくは土屋薬局までご相談ください!」


この季節は各ご家庭で雪はき、雪かきをしますので、寒い中での作業ですし、慣れない作業ですから、腰や膝、肩や肘、背中などの痛みや凝りにもつながりやすいです。


カラダの中からポカポカと温まって痛みに良い漢方薬を試してみませんか?

という内容が1つ。


そして月曜日の今日の12月12日の土屋薬局の月曜日の朝礼で話し合ったことがこちらの内容です。


土屋薬局のチラシ 「痔」のコーナー


土屋薬局のチラシ、痔の特集コーナーです。


「ぢ」


痔の不快な痛みや出血に即効性があり、副作用のない飲んで治すよい薬があります!!


スタッフにも漢方の痔の相談で、当店のお客さまで寒河江市白岩から来店されたエピソードをお話しました。


白岩の友人から「長年の痔が土屋薬局の漢方相談で治った!」と聞いてきて来店された、白岩のお客さまがいらっしゃいました。


20年、痔で悩んでいたけれどもこちらの槐角丸を服用したらわずか2週間で改善して感激!とのことでした。


朝礼が終わり、スタッフにも「皆さんも痔のお客さまが来ましたら痔の漢方薬、槐角丸(かいがくがん)を紹介しましょう!」と朝礼を終えましたら、本当に朝の一番のお客さまが「痔の漢方薬 槐角丸」の指名買いでした。


痔の漢方薬 槐角丸

ちょっと画像が横になっていますが、槐角丸を今朝に撮影したものです。




毎年、12月の忘年会シーズンになると土屋薬局では例年、この季節は自衛隊さんや会社員の方など、アルコールの摂取量が増えて、痔になりやすいです。

肝臓の疲れは「痔」に来やすいです。


痔でお悩みの方は土屋薬局へ漢方相談お寄せください。


痔の不快な痛みや出血に、飲む痔(ぢ)の漢方薬を知っていますか?

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。



「痔の不快な痛みや出血に即効性があり、飲む痔の漢方薬」


土屋薬局からのご提案


※痔の原因は淤血と肝の異常


日本人の大人 3人の1人は「痔主」といわれるほど、痔を患っている人は年齢、性別を問わず多いものです。


痔には内痔核、外痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔、裂け痔)など幾つかのタイプがあります。

いずれも肛門の周囲の静脈の血液の流れが悪くなり、「うっ血」が生じることによって起こります。


この痔静脈は門脈系(肝臓につながっている血管)に属していて、肝臓と密接な関係で結ばれています。

痔静脈に異常がある場合には、肝臓にも病気までいかなくても肛門の「うっ血」のような異常があることが多くなります。

この「うっ血」状態を中医学では肛門の周辺にある痔静脈と「肝」に淤血(おけつ)が発生したためとみることができます。

そこで痔を改善するために、血液を浄化して流れをよくし、同時に肝の働きを強化するようにします。


※ どのタイプに飲んでも有効


浸膏槐角丸という中国の漢方薬は飲んで効果をあらわらず漢方薬です。


「浸膏」とは濃縮されたエキスの意味です。

即効性があり、天然の生薬成分なので安心して服用いただけます。


「浸膏槐角丸」は血行改善、血管強化、消炎鎮痛などの作用のある処方ですから、とくに痔の痛みが強く、痔の出血したり、粘液が出たりする痔によく効きます。



浸膏槐角丸に含まれている生薬は6種類。

このうち「槐角(エンジュの果実)」「地楡(ワレモコウの根茎と根)」には肝を強化するとともに、血管強化、止血、消炎、鎮痛が期待できます。

「防風(ボウフウの根)」は痔の患部の肛門の湿り気をとり、痛みを止めます。

「黄金(コガネバナの根)」は痔の患部の肛門の熱を冷まし、便通を整えます。


「当帰(当帰の根)」は血流を活発にして血液を綺麗にしてさらに肝にも働きます。

そして「枳穀(ミカン科)には便の出を良くし、痔の肛門の緊張を緩める働きがあります。



イスクラ浸膏槐角丸

槐角・地楡など6種類の植物性生薬から抽出したエキスを丸剤とした第二類医薬品の漢方薬です。

内痔核・外痔核・裂肛・痔出血・痔の痛みなどの緩和を目的としております。


<効能効果> 

次の症状の緩和「内痔核、外痔核、裂肛、痔出血、痔の痛み」


<用法・用量>

次の量を、1日2回朝夕、温水にて服用してください。

成人(15歳以上) 6~9丸 2回

15歳未満 服用しないでください。


槐角丸300丸 4080円(税抜き) 
槐角丸600丸 7570円(税抜き)


こちらのニフティのホームページのコラムもしお時間がありましたらご参照ください。

痔の不快な痛みや出血に飲む痔の漢方薬ご存知ですか?

はてなブログでも作成しました! 「30代から30年続いた痔(内痔)が漢方3週間ですっきり改善!

|

« AMH0・1で2人め希望の子宝の漢方相談で | トップページ | 長岡の大花火大会 »

痔|漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痔の不快な痛みや出血に即効性があり。飲む痔の漢方薬:

« AMH0・1で2人め希望の子宝の漢方相談で | トップページ | 長岡の大花火大会 »