カテゴリー「膿精液症|男性不妊の漢方薬」の記事

2017.11.22

おめでとうございます!2人の子宝授かりました。

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


土屋薬局で平成20年から漢方相談を始めて2人のお子さまに恵まれたお客さまがいらっしゃいます。


一番最初は、人工授精をしているとのことからの漢方相談でした。

ご主人様とも同じ職場、製造業


流産経験有り。

漢方薬は婦宝当帰膠やマカ、海精宝、冠元顆粒など利用されていきました。


海精宝はニベ科の魚の浮袋(魚鰾)別名 花膠が配合されていて、ほかに枸杞子や沙苑子、マカなども配合されている五子衍宗丸を基本とした「精子」「卵子」ともに役立つ健康食品です。


途中、ご主人様が膿精液症でジスロマックを服用してからは、中医師の先生にも相談して、清熱解毒の白花蛇舌草を使ったり、暑がりとのことで瀉火補腎丸などをおすすめしていました。


これが平成23年のときです。


不妊症の子宝の漢方相談は、いかに補腎して若返り、精子や卵子を若々しくしていくかがテーマです。


五臓の腎は生命の源であり、生殖力の源でもあります。


中医学で「腎」は腎臓の機能も含めた、生殖器官やホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系など幅広い機能を指しています。


腎の機能低下は男女ともに不妊に繋がるのです。


腎虚の状態では老化、難病や、精力の減退、足腰のだるさ、疲れ、歯や骨の強度低下、難聴、耳鳴り、物忘れなどの老化が現れます。


補腎薬を中心にしていく過程でお肌がスベスベになってきたり、髪の毛が黒くなったり、色艶が良くなったり白髪が黒くなったり、精力がついていけば妊娠しやすい状態です。

根気よくやっていきます。

平成23年10月から人工授精を何回していても結果がでずに原因不明不妊だから病院では体外受精を勧められました。


体外受精の採卵にむけて婦宝当帰膠、杞菊顆粒、紅沙棘、海精宝など。


子宝漢方では、補陰、補血に重点を置いていきます。


採卵は順調にうまくいって翌年の平成25年1月30日 10個採卵できて4個状態の良いものを凍結できた。

一番良いものを戻しました。


2月4日 陽性反応!

今度の水曜日に心拍確認してきます。


治療を始めてからお腹が張る感じ、少し水がたまっているそうです。

寝汗、ほてりはありません。

夜は眠れています。

起床時に腰が痛い。


ここから、双料参茸丸をお勧め。

ロウ丸といって食べる漢方薬です。

1回二分の一丸を朝晩にしました。


2月14日に再度リピート。


明日の水曜日に心拍確認、緊張しています。


そして平成25年1月に女の子ご出産!


おめでとうございました。


それから時は流れて平成27年10月4日


受精卵を1個凍結融解胚移植をしましたが、陰性でした。

胚盤胞を戻しただけに残念です。


前回の治療では4個採卵のうち1個よいものを戻して、残りを凍結していました。


次回は採卵から始めます。


ここで、プラセンタのオリヂンP顆粒を婦宝当帰膠に追加でお勧め。


(いまはオリヂンP顆粒→ビタエックス顆粒で手に入ります。オリヂンP顆粒は廃盤になりました)


11月7日


11月中旬に採卵の予定です。


採卵のために婦宝当帰膠とオリヂンP顆粒に、海精宝を追加でお勧めです。


海精宝は種を良くするようで、よく体外受精のときにもお勧めする機会が多いです。


11月25日 

明日、採卵の予定。


採卵のために血行を良くする冠元顆粒をお勧め。


11月30日


今日、戻してきました。


4個受精して、1個戻してきました。


残りの3つは質が良ければ、今後凍結していきます。


平成28年9月13日に、8月26日に戻して陽性!

前回は化学流産だったので手放しで喜べません。


婦宝当帰膠に参馬補腎丸をお勧め。


そして2人めも無事に出産されて嬉しい限りです。

どうもおめでとうございました。


長年、夫婦で来店されてよく頑張りました。


ロングランの漢方相談でしたがご主人様が優しくて協力的でしたので、その面もあって2人の子宝に恵まれたと思います。

奥さまは時折、涙を見せることもありましたが頑張って乗り越えました。


奥さま、ご主人様ともに漢方も上手に利用されて体質改善されて、夫婦のポテンシャルをあげて妊娠出産となったと思います。

おめでとうございました!


若木神社の紅葉

<2017年11月20日 東根市神町若木山 若木神社の紅葉>

紅葉

神社の境内の紅葉が実に見事です。


紅葉

紅葉と緑のコントラストが綺麗な一日でした。


紅葉


(会社の同僚も紹介して頂いて、そのお客さまは40代でしたがめでたく体外受精で妊娠出産されました。本当に良かったなあと思っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.01

膿精液症の男性不妊の漢方相談、妊娠出産!家族3人での来店

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


先々週の土曜日、3月16日(平成25年)の漢方相談のことでした。


当日もお客様多数ご来店頂いて忙しかったのですが、赤ちゃんを抱いた親子連れ家族3人でのご来店のお客様がいらっしゃいました。


初めの漢方相談は平成20年12月27日のとき。

2回目の人工受精をしました。

過去に1度、流産された経験もおありです。

お二人とも製造業で交代勤務、二交代で働かれているとのことでした。


それから奥様は婦宝当帰膠を中心にして炒麦芽、ご主人様はイーパオや海精宝、マカなどご愛用頂いていました。


平成23年には腹腔鏡手術をされたり、ご主人様は途中から膿精液症とわかり知柏壮健丸や白花蛇舌草などもご愛用して頂き、平成24年には体外受精をされてめでたく1回目で陽性、心拍確認されたとのことで双料参茸丸で体を健やかにして無事に今年の平成25年1月に女の子をご出産でした。

可愛らしい女の子の赤ちゃんで、幸せそうな姿に漢方相談をしていて私も良かったと思いました。

またこうして忙しいさなかに家族3人で出産の挨拶に来て頂きまして、私は今後とも末永いお付き合いになる漢方相談を心掛けていきたいと誓いました。


漢方相談の要点は、「女子は血をもって本となす」ですから婦宝当帰膠でじっくり体づくり。


ご主人様は最初は典型的な補腎の精力をつけるものだったのですが、途中から膿精液症と診断されましたので、中国漢方では「湿熱(しつねつ)」と考えますので「下焦湿熱(かしょうしつねつ)」の下半身をサッパリさせるために知柏壮健丸(瀉火補腎丸)と白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)に漢方を変更させて頂きました。

漢方薬の舵を補陽・補腎精から、清熱利湿解毒補腎に切り替えました。


膿精液症は精液中の白血球が多い状態です。

病院からは抗生剤のジスロマックが処方されていました。


この時には中医師の先生にも漢方の手助けを応援して頂いて、


「清熱解毒が大事です。

たとえばプラス白花蛇○草。ちょっと活血剤を入れてみては? 田七人参とか、無難」

ご主人様は、体がほてり夜中に熱くなる。

多汗症になって25歳のときから暑がりになった、のどが渇きます。

精子の運動率、数も低めとのことでした。

体外受精では精子のこともすごく左右する大切なことですから、当店の漢方薬もお役立ちになったことと考えています。

このたびはおめでとうございました!


福寿草

<2013年3月22日 スプリングハズカム! 今年も雪解けとともに福寿草が咲いています>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.04

膿精液症の男性不妊の漢方対策

男性不妊の膿精液症の漢方相談がありました。

当店で補陽や補精をしていました。

昨年の12月に婦人科のクリニックで指摘されたそうです。

それまでは泌尿器科でも言われたことはありませんでした。


そこで恩師の先生に聞いてみたところ、「清熱解毒(せいねつげどく)」も考慮して漢方相談していったほうが効果的です。

との貴重なご意見を頂きました。


アカネ科の植物を中心にしていくといいそうです。

そのほか、ちょっと活血剤も追加が理想的、たとえば3年から7年で採取できる人参や弓帰調血飲などの加減もあるとのことでした。


今までその検査結果がでるまでには、従来通りの漢方薬をお勧めでしたが、今回から変更していきます。


夜に体が火照って布団を蹴飛ばすこともあり、お肌は乾燥気味だそうです。


補陽から補陰に進路を変えていきます。


男性不妊の漢方相談では、1)暑がり、ほてる体質 と 2)寒がり、冷え性の体質に分けて補陰(ほいん)でクールダウンさせて精子を活発化させたり、補陽で新陳代謝を改善していくなどきめ細かい相談が大切だと思われます。

養生ではお酒の飲みすぎ、ストレス、働きすぎ、睡眠不足などに気をつけていきます。

東根市ジャングルジャングルスキー場

<2011年1月2日 東根市ジャングルジャングルスキー場>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LUF・黄体化未破裂卵胞|不妊と漢方薬 PCOS・多嚢胞性卵巣症候群|不妊と漢方薬 PMS・月経前緊張症|漢方薬 「ナチュラルな妊娠」「45歳、もう生んでいいかしら?」 「血流たっぷり」をめざしなさい いびき|漢方薬 おねしょ、小児夜尿症|漢方薬 おりもの、のびおり|不妊治療と漢方薬 お客さまとのエピソード お腹の張り、腹部膨満感、食欲不振|漢方薬 お香 しびれ|漢方薬 つわり|漢方薬 にきび|漢方薬 のどのつかえ、喉の痛み、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 ほてり|漢方薬 むずむず脚症候|漢方薬 めまい、立ちくらみ|漢方薬 アトピー性皮膚炎|漢方薬 アレルギー性鼻炎と体外受精|漢方薬 アレルギー性鼻炎|漢方薬 イスクラ冠元顆粒 イスクラ冠元顆粒発売20周年記念成都シンポジウムに参加して イスクラ婦宝当帰膠 イスクラ独歩顆粒 イライラ落ち込み漢方、不安落ち込み|漢方薬 イラスト インターネットの掲示板などで漢方紹介 カウフマン療法|不妊と漢方薬 カンジダ膣炎|不妊と漢方薬 ガン(がん)|漢方薬 クラミジア感染症|不妊と漢方薬 クローン病、潰瘍性大腸炎|漢方薬 ゲップ・ガス|漢方薬 ココログ版漢方(無名)コラム・2004 ココログ版漢方(無名)コラム・2005 ココログ版漢方(無名)コラム・2006 ココログ版漢方(無名)コラム・2007 ココログ版漢方(無名)コラム・2008 ココログ版漢方(無名)コラム・2009 ココログ版漢方(無名)コラム・2010~ コンクレバン シェーグレン症候群|漢方薬 シミ・肝斑|漢方薬 ストレス|漢方薬 セックスレス、性機能減退|不妊と漢方薬 タイミング療法|不妊と漢方薬 ダイエット|漢方薬 チャイナビュー チョコレート嚢胞|不妊治療と漢方薬 ツイッター ツボの話題 ディスプレー症候群|漢方薬 ドライアイ|漢方薬 ドライシンドロームの漢方対策に ドライマウス、口腔乾燥症|漢方薬 ニュースレターより ハテナ ビタエックス(プラセンタ) フレイルの漢方対策 ヘパーデン結節|漢方薬 ベビ待ち保育士さん、幼稚園教諭さん|漢方薬 ベビ待ち小学校教員さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち歯科衛生士さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち看護師さん|不妊と漢方薬 ベビ待ち美容師さん|不妊と漢方薬 メニエール病|漢方薬 メールマガジン モンテディオ山形 ヤフー知恵袋の漢方の回答より リウマチ性多発筋痛症|漢方薬 リウマチ|漢方薬 ロコモティブシンドローム|漢方薬 下痢、軟便|漢方薬 下肢静脈瘤|漢方薬 不妊カウンセラーに向けて 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 不妊治療の基礎知識…現状と問題点 不妊漢方で子宝|2004年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2005年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2006年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2007年1~6月妊娠出産 不妊漢方で子宝|2007年7~12月妊娠出産 不妊漢方で子宝|2008年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2009年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2009(7月~12月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2010年(1月~6月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2010年(7月~12月)妊娠出産 不妊漢方で子宝|2011年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2012年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2013年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2014年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2015年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2016年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2017年妊娠出産 不妊漢方で子宝|2018年妊娠出産 不妊漢方治療の応用 不妊症の基本検査について 不妊症の年代別漢方相談 不妊症テレビお茶の間講座 「子宮内膜症」 不妊症専門講座・PCOS 「多嚢胞性卵巣症候群」 不定愁訴|漢方薬 不正出血|不妊と漢方薬 不眠|漢方薬 不育、流産後|不妊治療と漢方薬 中医五官病 中医痺証専門講座「南通研修」への道 乳がんの疫学と薬物療法 乳腺炎、断乳、母乳|漢方薬 人工授精で妊娠出産|不妊と漢方薬 今週の漢方相談会 2008年 今週の漢方相談会 2009年 今週の漢方相談会 2010~ 今週の漢方相談会 2013~ 今週の漢方相談会2017 体外受精で妊娠出産|不妊と漢方薬 何先生や中医師の先生から漢方のこと聞いたこと 便秘|漢方薬 免疫性不妊|漢方薬 全身性エリテマトーデス(SLE)|漢方薬 円錐角膜|漢方薬 冷え性|漢方薬 加齢性黄斑変性症|漢方薬 勉強会(2004~2008) 勉強会(2009) 勉強会(2010) 勉強会(2011) 勉強会(2012~) 動悸|漢方薬 卵巣予備能~全周期活血化淤 卵巣嚢腫|不妊と漢方薬 卵巣機能不全、卵巣機能低下|不妊と漢方薬 卵管性不妊|不妊と漢方薬 卵管水腫|不妊と漢方薬 卵管閉塞|不妊と漢方薬 卵胞発育不全|不妊と漢方薬 受精障害|不妊と漢方薬 口内炎|漢方薬 呑気症(空気嚥下症)|漢方薬 味覚障害|漢方薬 咳、ぜんそく、慢性気管支炎|漢方薬 咽喉頭異常感症、難治性咽頭潰瘍|漢方薬 嗅覚障害|漢方薬 土屋幸太郎・漢方講演会 土屋幸太郎結婚式 土屋薬局からのお知らせ 土屋薬局のの口コミ、評判 坐骨神経痛|漢方薬 坑精子坑体|不妊と漢方薬 基礎体温が低め|不妊と漢方薬 基礎体温が高め|不妊と漢方薬 基礎体温ガタガタ|不妊と漢方薬 基礎体温表|不妊と漢方薬 夏の疲れに漢方 多汗症|漢方 夜中目が覚める|漢方薬 夢と不眠|漢方 女性のための漢方レッスン 女性不妊症的中医治療 妊娠中と産後の体調不良|漢方薬 妊活・妊娠力アップ|漢方薬 子宮内膜が薄い|不妊と漢方薬 子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症|漢方薬 子宮内膜症|不妊治療と漢方薬 子宮外妊娠後|不妊と漢方薬 子宮筋腫|不妊治療と漢方薬 子宮腺筋症|不妊治療と漢方薬 子宮頸がん|漢方薬 子宮頸管無力症|不妊と漢方薬 季節の漢方養生 季節の養生法 学校保健委員会 小児チック|漢方薬 小児漢方 小太郎製薬 帯状疱疹後神経痛、後遺症|漢方薬 後鼻漏・蓄膿症|漢方薬 心と体 感音性難聴・耳鳴り、難聴|漢方薬 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)|漢方薬 慢性咽頭炎|漢方薬 我が家の庭 我が家の庭 2008 我が家の庭 2009 我が家の庭 2010~ 手根管症候群、腱鞘炎、ばね指|漢方薬 抗リン脂質抗体|不妊と漢方薬 抗核抗体|不妊治療と漢方薬 掌蹠膿疱症|漢方薬 排卵痛、排卵期|不妊と漢方薬 排卵障害|不妊と漢方薬 日中線記念館 早発閉経・早発卵巣不全|不妊治療と漢方薬 更年期障害|漢方薬 月経の経血量が減少|不妊治療と漢方薬 月経不妊周期療法|不妊と漢方薬 月経不順・生理不順|不妊と漢方薬 月経周期が短い|不妊と漢方薬 月経周期が遅れる、長い|不妊と漢方薬 未成熟卵|不妊症と漢方 椎間板ヘルニア|漢方薬 武漢へ 死産後|漢方薬 母乳|漢方薬 泣きたくなる 活血化淤の応用 浮腫み|漢方 温活GO 漢方体験ドットコム 漢方周期療法…南京・夏桂成先生の講義より 漢方薬の安全性について 漢方薬局で相談を受ける婦人病について 無排卵・無月経/不妊と漢方薬 無月経・無排卵・中医不妊症テレビお茶の間講座 生殖医療に関わる疑問に答える 生殖補助医療の有用性と限界 生理痛、月経困難症|漢方薬 甲状腺機能亢進症|不妊と漢方薬 甲状腺|不妊治療と漢方薬 男女の更年期と神経症|漢方薬 男性不妊|不妊治療と漢方薬 疲労|漢方薬 痔|漢方薬 痛み、しびれ|漢方薬 痰湿(暑湿)について 痰湿|漢方 眼精疲労|漢方薬 着床障害、着床失敗|不妊症と漢方薬 着床障害|不妊治療と漢方薬 睡眠と妊活 神経障害性疼痛|漢方薬 秋バテの漢方 空胞|不妊治療と漢方薬 糖尿病|漢方薬 経血量少ない|不妊と漢方薬 綿花観察日記 緑内障|漢方薬 繊維筋痛症|漢方薬 老人性膣炎・萎縮性膣炎|漢方薬 耳管開放症|漢方薬 耳鳴り、突発性難聴|漢方薬 聴覚過敏|漢方薬 肘痛|漢方薬 股関節痛|漢方薬 肩こり|漢方薬 肩甲骨の痛み|漢方薬 肩痛、五十肩|漢方薬 胃酸過多、機能性胃腸症(NUD)|漢方薬 背中のほてり|漢方薬 背中の痛み|漢方薬 胚盤胞|不妊治療と漢方薬 脂漏性皮膚炎|漢方薬 脈拍|漢方 脊柱管狭窄症|漢方薬 脱毛、抜け毛、薄毛の漢方薬 脳卒中|漢方薬 脳疲労症候群、脳過敏症候群|漢方 腰椎すべり症|漢方薬 腰痛|漢方薬 膀胱炎|漢方薬 膝痛|漢方薬 膿精液症|男性不妊の漢方薬 花粉症|漢方薬 若木山、石崎山や東根の景色 若木山、石崎山や東根の風景2008 若木山、石崎山や東根の風景2009 若木山、石崎山や東根の風景2010~ 蕁麻疹、湿疹/漢方薬 薄い子宮内膜に漢方薬が有効である可能性がある 薬膳 血の道症|漢方薬 血管力をつければ病気は治る 補腎の話 西洋医学的にみた不妊症漢方概論 足底筋膜炎|漢方薬 逆流性食道炎|漢方薬 過去のバックナンバーより 過敏性腸症候群|漢方薬 過活動膀胱、頻尿|漢方薬 遺残卵胞|不妊治療と漢方薬 酒さ|漢方薬 頭痛|漢方薬 頸椎症、首のこり|漢方薬 頻尿|漢方薬 顔面神経麻痺、手のふるえ|漢方薬 顕微授精(ICIS)|不妊と漢方薬 風邪|漢方薬 食欲不振、胃痛|漢方薬 食養生 高プロラクチン血症|不妊と漢方薬 高血圧|漢方薬 高齢不妊症、卵巣機能低下における中国漢方の考え方 高齢不妊|不妊治療と漢方薬 鷺草、朱鷺草観察日記 黄体機能不全|不妊と漢方薬 黄疸|漢方薬 100歳まで元気に生きる! 2人目不妊、第二子不妊|漢方薬 AMH|不妊治療と漢方薬 COPD 慢性閉塞肺疾患|漢方薬 FSHが低い方|不妊治療と漢方薬 FSHが高い|不妊治療と漢方薬