カテゴリー「日本のこころ」の記事

2007.04.06

だいぶ成長してきました。

Imgp4921070406_1

<2007年4月6日撮影 土屋家>


日本のこころシリーズ」で貴重な植物を育てている最中です。

予想外な成長をしています。

まったく不思議です。


Imgp4924070406

すっかりと剥げたようになってしまいました。

Imgp4925070406_1

こちらは蕾のままの可憐な状態です。


Imgp4927070406_5

こちらはいわゆる髭(ひげ)が生えた状態です。

毎日、興味深く観察している今日この頃です。

今日は山形もだいぶ暖かくて、日向ぼっこできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.30

髭が生えました。

髭が生えました。
携帯からの投稿です。


ペンタックスさんのカメラがドック入りをしていて、
15日からの「長期入院」になってしまいましたので、
なかなかカメラが無いと不便というか、撮影する気力も沸かずに、
すっかり携帯のカメラにお世話になりっぱなしです。


そのような訳で、最近暖冬も終わって、3月中ごろは
雪が降る日も多くて、すっかりこのお花も蕾を閉じていましたから、
しばらくはあまり気にも留めていなかったのです。

(今日は新庄市は雪が降っているそうです)


今朝は、早朝から「春雨」となり、私は2階の自室から
しばしボーっと雨降りを眺めてはロマンチックな気分になり、
こころも柔かくなっていました。


こんな日は、外の雨降りを写すときれいだろうなあ、、と
思いながら着替えをして、でも撮影するカメラが無い。


携帯のカメラでは、小さすぎて迫力が無い。


そうなりますと、室内が向いています。


雨降りの日でも、窓からは曇りの日の明るさが差し込めています。


この「日本のこころ」を1週間ぶりで見てみたら、なんとビックリでした。


髭が生えているんですよね。


これは不思議です。


今朝、ペンタックスさんの東日本修理サービスに電話したら、
明日にはカメラとレンズ一式が帰ってくるそうです。

帰ってきたら、またマクロレンズを使おう。


遠くの山々や、川の流れなども、肉眼で見ているのと、
カメラのフィルターを通しているのでは何かが違うんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.12

雪降りと仙台三越に思ったこと

Imgp0759070312

昨日から断続的に雪が降っている山形です。

我が家の庭も降雪となっています。


昨日は、仙台の三越に贈り物を購入にいきました。


今朝の朝礼でも喋ったのですが、私が感じたことは。


1)あるショップは、ブランドも素晴らしいですが、
スタッフの方々がとてもきれいで気品があって、雰囲気が良いです。


ブランドの力がそうしているのか、スタッフの方々が努力しているのか、
いつも感銘を受けますので、当店(土屋薬局)も、
商品力をつけて「ブランド」になるようにしていきたいです。


2)三越6階には、ハーブやアロマなどのコーナーが充実しており、
たとえば漢方が「薄荷(はっか)」だとしたら、あちらの世界は
「メントール」になりますが、非常に商品の展示の仕方がきれいで、
漢方的な泥臭さはなくて、若い女性向きで洗練されていると思いました。

見習いたいです。


たとえば、「上司に怒られたときに飲むハーブ」などは
商品の提案力もあってユニークで素晴らしいと思いました。


(ちなみに私は、「ラベンダー」のアロマを購入して早速昨日試しました。
お部屋がお花畑のような感じで、気持ちがいいです)


3)購入して帰ろうとしたときに

「お客様、荷物に紙を上からおかけしましょうか?」

と言われ、訳を尋ねましたら「雨が降っている」とのことでした。


実は、三越では館内放送で、


○雨が降れば→「シンギンザレイン」

○雪が降れば→「雪やこんこん」

○雨が上がれば→「オーバーザレインボウ」


で、天気に応じて接客しているそうです。


当店も見習いたいです。

(ちなみに、「台風」や「雷(サンダー)」のテーマは無いそうです。^_^;)


一流百貨店は見習うことが多いと思った一日でした。


Imgp0760070312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.10

台湾朱鷺草と福寿草と

Imgp0722070310

<すべての写真は、2007年3月10日撮影です>


今年は3週間くらいに渡り、店内を彩ってくれました。

最近は処方箋のお客様など店内に入ると開口一番
「うわ~、きれい」と誉めてくれます。

「売っているんですか?」と聞かれることもあり、
恐縮する日々です。


Imgp0729070310

こちらは貴重な植物です。

日に日に育っています。

一日たりと成長を止めることはありません。

今後、どのように育つか楽しみにしています。


Imgp0738070310

今朝のNHKテレビのニュースで
「青森県深浦町では福寿草が咲いている」と言っていました。

日本どこでも咲いていると思っていたのですが、
東北、北海道がおもな自生地だそうです。


テレビを見ていた私はふと、不老不死温泉に行ったときのことを思い出しました。


深浦町の海岸沿いのドライブでの眺めは素晴らしく、
ずっと北上していくと、やがて私の大好きな岩木山の勇姿が、
右手前方に見えてきます。

津軽平野から眺めるのとは、違う雰囲気ですから、
自分が「旅をしている」ことを実感しました。

最近はなかなかと行く機会がありませんが、
また再び青森県を訪れる日々を夢見て、
心の中で不老不死温泉からの日本海の眺めを描いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.07

テレビ電話勉強会(2)

昨夜、午後8時~午後10時までテレビ電話での勉強会がありました。


私の今年のチームは、「菊花(きっか)」です。

長生きできそうな可憐な名前で嬉しいです。

中医学では、「菊花」といえば、「長生き不老長寿伝説」があって
とても有難い名前なのです。


長生きしている地方のきれいな水があるところに生えていたという
伝説があります。


菊の花は、山形では毎年秋になると食卓を彩ります。

「もってのほか」など有名です。

醤油をかけて食べるとおいしいです。


菊の花の黄色い成分が、有害な紫外線から守るためのもので、
それは「紅花」と同様に活性酸素の害から体を守る働きがあります。


漢方処方では、八仙丸(はっせんがん)や杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)などの
「不老長寿系」の漢方に処方されています。


余談が長くなりました。


昨日の症例検討は、東海の薬局の先生のセカンド不妊のかたの
続発性不妊症のかたのご相談を、チーム全員で検討するものでした。

第一子のお子様が、7歳で小学校に上がったとのことでした。


当店でも第一子のお子様が6歳とか7歳になるかたのご相談で、
「この子に兄弟をつくって上げたい」というご相談があります。


厚生労働大臣の「子供は2人発言」のように、
先日の不妊カウンセリング学会でもありましたが
日本には「子供2人、兄弟がいないと可哀想伝説」が根強くありまして、
周囲のプレッシャーが強いのです。


母親として「子供にすまない」という意識も、あせってしまう原因となっているようです。


不妊カウンセラーのかたは、そのような意識を念頭において
カウンセリングにあたることが多いようです。


「罪悪感」「喪失感」などもありますので、
ストレス対応も大切だと思います。


昨日の勉強会では、そのセカンド不妊となっている「背景」とは何か?

など発言していって、漢方は参考例に留まりまして、
活発な意見が多かったです。


さて、今朝の山形の模様でお別れです。


春の淡雪がぷわーと降りました。

いつかは土門拳(どもんけん)さんのように、
「雪の室生寺」のような傑作を撮りたいと夢を抱きながら、
久しぶりの雪に喜んでカメラを屋外にもっていきました。


Imgp0700070307

福寿草が凍えています。


Imgp0702070307

春を告げる福寿草も最近の三寒四温の天候に、
きっと根を上げていると思います。

みなさまも体調を崩さぬよう、ご自愛くださいませ。


Imgp0703070307

ここは、室内です。

もうだいぶ大きくなってきました。

「丸秘プロジェクト」で貴重なレッドブックデータ植物を育てています。

山形では、山形空港の敷地内しか自生していないそうです。

(つまり乱獲がそれだけひどいということです。
山野草はマナーを守って採取は止めましょう!)

| | コメント (0)

2007.03.03

蕾が開きました。

Imgp0655070303

毎日観察を続けているのですが、昨日に「大きくなってきました」を作成してから、
わずか数時間で蕾が開き、また今朝にはより一層成長しています。

開いた蕾の中には、黄色いものがあります。

「めしべ」でしょうか?

植物の成長は早いものですね。

太陽をいっぱいに浴びて、すくすくと大きくなっていますので、
感動しながら、成長の過程を見守っています。


Imgp0656070303

Imgp0657070303


3月3日の「雛祭り」にふさわしく、可憐に成長しています。


最後は、今朝の福寿草の模様です。


お日様が射しますと蕾が開きますので、
とても好きな花です。


Imgp0662070303

| | コメント (0)

2007.03.02

大きくなってきました

Imgp0617070302

<2007年3月2日撮影>


昨日から1日経過しましたが、なんと大きくなっていて、
蕾が開こうとしています。感激です。

昨日は仮名称として「日本のこころ」と名づけていますが、
私のこころの中では「群馬の魂」「スバル草」とも思っています。

(少し大げさかもしれません。^_^;)


ともかく、中島飛行場の近くにあったということは事実ですので、
「関東ローム層出身」には間違いないものです。


私は、中島飛行場が空襲にあった話も聞きましたので、
私も地元に山形飛行場(神町飛行場)があって、
戦争末期に米軍から空襲をうけた話と重なりあって、
とても親近感を覚えるのです。


Imgp0619070302


さて朱鷺草(ときそう)です。


第二段の新しい鉢植えの新人さんです。

フレッシュに元気良く咲いています。


毎日、マクロレンズでお花を撮影しているって、
なんと楽しいのでしょうか!

広角レンズや望遠レンズで山や川や海に向き合っているときとは
違う楽しさがあります。


Imgp0626070302

| | コメント (0)

2007.03.01

日本のこころ

Imgp0608070301

先々月に群馬県太田市に行ったときに、
知人のお父様からものすごく貴重なものを頂きました。

大事にトランクに入れて、気をつけて運転して帰りました。


寒い季節は、お店に入れて保護していたのですが、
最近は陽射しもいっぱいに浴びるようになり、
すくすくと成長しています。


関東から山形に持ってきて、果たして大きくなってくれるか、
成長してくれるか心配だったのですが、見事に育っていてくれます。


戦時中は、今の富士重工業の工場があるあたり─
中島飛行場の周囲には、いっぱい咲いていたそうです。

いつしか、環境が変わり、いまた環境庁のレッドブックデーターに
載るようになってしまった。


そんな大事なものを頂きましたので、私も毎日観察していて
喜んでおります。


この花が咲いていた頃の日本は「日本の心」があって
良い時代だったそうです。


そのような訳で、このカテゴリーは「日本のこころ」と仮名称をつけまして、
大輪の花が咲かせるのを見守りたいです。


自生していたものを保護して、今まで大事に育てられていたそうです。

まことに貴重な、貴重な「古き良き日本」を見せてくれるというか、
私自身も「生涯一度はこの目で見てみたい」と願っていたものですから、
見守っていきたいと思います。


Imgp0614070301


Imgp0609070301

| | コメント (0)